「 シェルター 」 一覧

女の加害者のケアには興味ないってさ・・ヌエック

今日はヌエック(国立女性教育会館)からフォーラムワークショツプエントリーの結果が封書で送られてきました。 なんと、ボツです。一応、応募多数で検討の結果不採用とのことですが、不採用の理由は触れられていま ...

DVはなおる・・・有効な支援があれば・・

今日のお仕事は一件のカウンセリングだけでした。数ヶ月前にシェルターを利用された被害者と、そのパートナーの数ヶ月ぶりのカップルカウンセリングでのご対面・・。とは言っても、お一人はスカイプで。 被害者を保 ...

会うのは何のため? 面会交流の意味

離婚や別居で一方的に子供と引き離された親にとって、引き離しは拉致や誘拐と変わらない残酷な現実でしょう。それは、今の日本の法律や制度が家族の一人一人の人権を保障しないものになっているから、当然といえば当 ...

いろいろありました。

ここ数日、ちょーバタバタ。まず、先月末に発症した風邪が、慢性化して気管支炎になってるとまではお伝えしたと思うけれど、ほんのすこしずつ症状はよくなってきてるけれど、喀痰のための咳が出やすくなって、けっこ ...

今日の楽しみ・・・

2018/04/10   -日常
 

気管支炎の症状は少しずつ緩和されてきてるけれど・・・ほんと長いねえ・・・休んでられないし、ぼちぼち体うごかしてます。 今日は、先日の大文字山登山で少しいただいてきた苔を使って、苔玉作りを。苔玉の材料は ...

知らない者がバカを見る・・・

今日も問い合わせのお電話が何件か・・・。私のところには、妻が家を出た、離婚を申し立てられた、どうしたらいいか・・・と言うお話が多いのは事実です。 当事者の方にすれば゛、突然で訳も分からず、パニック状態 ...

こじれる前に早めに相談を・・・風邪ではないよ

昨日の親子ネットの集まりでも感じたことだけれど、こじれる前に私のところに来てくれてたら・・・と。 家族のストレスやら葛藤が起こり始めた時に、問題の本質を理解し、適切な初期対応することで、問題が拡大する ...

家族問題は難しい・・・

今日は月一恒例の親子ネット関西の集まりに。いつもながらのことだけれど、子供と引き離された親の話を聞くのは胸痛みます。 確かに本人の問題があることはあるにしても、司法も行政も問題解決能力がなく、当事者は ...

辛いね・・被害者支援

以前、週刊女性に取材協力して、私のクライアントのシェルター体験が掲載されました。その後、ネットではひどいバッシングされてたけれど、ほんとネットでバッシングする人たちの、無責任ぶりやらバカっぷりがあまり ...

逃げてもねえ、別れてもねえ・・解決は難しい

夫婦間葛藤で悩む女に、DV・モラハラは治らないから、逃げろ別れろと助言してシェルターやら弁護士につなぐ女性支援が続いてます。 それで女たちが幸せになってるならいいけれど、その後の様子は追跡調査されませ ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.