「 月別アーカイブ:2019年06月 」 一覧

家族を語る・・・自分の心の由来を知る

昨夜は大阪で女と男の非暴力ワークでした。初参加三名も含め八人の集まりとなりました。 ワークのお題は「家族動物園」。生育の家族を動物に例えて紹介してみましょうというもの。 自分の考え方や感情の有り様は生 ...

対話トレーニング・・・満員御礼の男ワーク

昨夜の男ワーク、紅一点を含めて、14人の集まりになりました。狭い部屋は自称DV男たちの熱い思いで、少々むさ苦しいほどに(笑)だもので初めてクーラーをオン。 お題は「こんな時なんて言う? 」なるワーク。 ...

雀の涙の年金・・・でもちょいと嬉しい。

2019/06/13   -日常

私は今年晴れて高齢者になったけれど、おかげさまで年金がもらえることに。と言っても、私は受給資格の保険金支払いが十年だし、給料安かったし・・もらえる年金もほんのわずか。 でもねぇ、実は私、連れ合いの扶養 ...

事件報道に煽られちゃダメ・・虐待・・殺人・etc

2019/06/11   -支援・援助論
 ,

毎日毎日、虐待で子供が殺された、とか、女性が男に殺された・とか、痛ましい事件が報道されます。それらのひとつひとつは事実なんだけれど・・・木を見て森を見ず、というのか、客観的視点を失って、冷静な判断がで ...

紫陽花の季節・・・久々のランニング

2019/06/09   -日常

今日はたまたま午前中時間があったので、十日ぶりにランニング。いつもながらの疎水コース。前回より、少し体も軽く感じられたけれど、ゆっくりペースには変わりありません。もちろん、カメラでお花をパシャパシャし ...

訂正・・

以前、メンカン講座をお誘いした、方達、あるいはブロクで、次回メンカン講座を六月三十日とお伝えしたかもしれませんが、当日はメンカン講座ではなく、認証研修会の誤りでした。 次回メンズカウンセリング講座は八 ...

点数じゃなくて・・心の基礎を打ち込んでくれぃ

男女年齢にかかわらず、いろんな方が困難を抱えて私のところに来られます。先日はテレビのワイドショーに出たせいもあってか、引きこもりや家庭内暴力に悩む方たちから連絡がひっきりなしに入ります。 もちろん、そ ...

日本沈没・・崩壊は家庭から?

2019/06/05   -支援・援助論

日本沈没が始まったけれど、爆発轟沈ではなくて、腐食した船底の穴から浸水して少しずつ沈みつつあるというのがその姿。穴はいろいろ・・福祉や医療、警察や司法の社会的な機能が、現実に対応しきれず、人の暮らし、 ...

六月八日・・・悼む日・・・再発を防ぐために・・

18年前の六月八日に池田小事件がおこり幼い子供達が命を奪われました。犯人の宅間さんは、死刑になるまでに、被害者や親族に謝罪することは一切なく、逆に勝利宣言をして死刑に甘んじています。彼は、殉教者になり ...

友達申請される方にお願い・・・

2019/06/04   -お知らせ

先日のテレビ出演以来、FB で友達申請してくださる方が大勢いらっしゃいます。それはそれでありがたいことですが、どのような方の申請かこちらは理解できず、簡単に承認するのもためらわれます。 つきましては、 ...

お喋りは楽しくて!!

2019/06/04   -支援・援助論
 ,

一昨夜のメンズクッキングの後、一旦帰宅してジャケットに着替え・・・っていうのも、ラフなスタイルはだめって連絡があったもので・・・・・バタバタして京都駅からの夜バスに。 そのバスって、なんと個室・・新幹 ...

悲劇と喜劇と・・

生きてるといろんなことが起こります・・・こんなはずじゃなかったのに・・・なんでこんなことになるんだ・・・俺だけどうして・・・予期せぬ困難に遭遇した時に、その困難が大きいほど、その現実を受け入れることは ...

ゲシュタルト崩壊・・靴も人も

2019/06/02   -日常

昨日は、親子ネット関西の定例会で高槻に・・・慌てて履いた靴がまずかった。駅に着くまでは気がつかなかったけれど、ホームに上がってその異変に気がついた私。 ななな、んと、古い靴底のゴム? が弾性・粘性を失 ...

情けは人のためならず・・・川崎事件「一人で死ね」に思うこと

情けは人のためならず・・・これを「情けは人のためにならない」と理解する人も多いのかなあ、なんて思う私。もともとは、「情けは人のためではなくて自分のためだよ」との本来の意味が理解できてない人が多いのでは ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2019 AllRights Reserved.