「映画評」 一覧

当事者があるがままを語る・・物語と支援と

物語は・・独り言ではなく、対話によって紡がれます。人の体験や記憶はその意味を伴いながら物語として蓄積されていきます。 それは「私が私を語る事と他者がそれに応える事」その終わりなき作業が暮らしであり人生 ...

闘わず争わず・・白旗で対話を

昨日は少し嬉しいお話がいくつか・・ カウンセリングで、妻の家出に絡む話はお聞きしてて胸痛むことが多く、妻に去られた夫の辛さもわかるし、出ざるを得なかった妻の気持ちや状況もわかるだけに、胸痛みます。 さ ...

自分の人生自分で決める・・・

アカデミー賞のメークアップ部門で日本人の辻さんが賞をとりました。日本人では初めてのことととマスコミで絶賛されてました。 その彼はインタビューの中で「自分の思った通りにやってきた、誰の言うことも聞かず、 ...

What is your truth…?

2018/01/21   -english page, 映画評

  Posted: June 22, 2017 Last night, I enjoyed a cimena “A Monster Calls”. The film is a dark fa ...

顔に責任・・自分であるために

昨夜の男ワーク、常連さんが何人かお休みで、そのぶん久々の方が来られて結局いつも通りの集まりとなりました。 ファシリは私お題は「みんなに見せたい顔」近況報告のあと顔の輪郭のワークシートをお渡しして・・ ...

大好き♡強ぇ女

2017/10/26   -映画評

先日の日本橋に向かう夜バスの時間待ちにナイトシネマ「アトミック・ブロンド」を見ました。シャーリーズ・セロン演ずる女007です。シャーリーズ・セロンの演ずるロレーン・ブロートンはハードなアクションで屈強 ...

家族幻想と苦悩と・・やはり私は嫌われる 

2016/09/18   -映画評
 

昨夜のナイトシネマはジブリとフランスの合作アニメ「レッドタートル ある島の物語」でした。フランス人には新鮮なストーリーとか映像なのかもしれないけれど、ラテン好みの私には親しみを感じない映画でした。この ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.