日常

問題は煽られる不安・恐怖・・・

投稿日:

コロナ騒動はまだまだ続くというより、問題がより大きなものに変遷しています。コロナ感染、発症、死亡ということも確かに問題だけれど、それは大きな問題ではありません。

もともと医療のキャパが政策的に削られていたことや、コロナ発生後の政府の対応が不適切きわまりないことから、医療崩壊と騒がれる状況になったけれど、そこは触れずにコロナウイルスの問題にすり替えられています。

さらに、コロナ騒動がセカンドステージに移行しつつありますが、それは感染予防のために行動自粛、営業休止を政府がもとめて、そのことから経済的な問題が現実化し始めたこと。

仕事を失い収入が途絶えた人、事業が頓挫し家賃・借金を返せなくなった人、こんな人はたちまち明日の食事が取れなくなる可能性もありますが、そんな人が何万人といることでしょう。こんな人たちの命を誰が守るのか・・

欧米では厳しい行動規制に合わせてかなりの額の生活費や事業資金を支給しています。それでも、経済の縮小を恐れて、活動を少しずつ再開するように指導しています。

翻って、日本では活動の自粛と言いながら、自粛要請に応じなければ罰則を検討するとかいうバカなことも言いだしたり。これでは自粛でもないし、要請でもないないしねえ。で、感染がおさまらないからとずるずる自粛要請を引き伸ばしてる・・事業者にたいする融資とか、一人十万の給付とか言ってるけれどいつのことやら、誰のことやらって言いたくなる現実。政府は国民の命を守ろうとはしていないのがはっきりみえる。

けれど、なんで政府・マスコミがコロナを騒ぎ立てるか・・単純に感染予防とはいえないだろうと思うのは私だけではないでしょう。

背後に大きな闇の力が働いていると考えると、それなりのシナリオも見えてくるし、これからの未来も予測できます。

そのシナリオでいえば、人々の恐怖を利用して世界を動かす人がいて、その人たちは人の苦悩や死、国家の存亡など、なんらためらうことではありません。

実際、真珠湾攻撃も、トンキン湾事件も、イラクの大量破壊兵器も、人々の恐怖や怒りを利用して、戦争を始めるために仕組まれた謀略でした。それはすべて歴史を振り返った頃にわかること・・当時はだれもそれを謀略とは疑ってないし、思想統制、洗脳されていることにもも気づかない。人々の意識はその程度のもの。

コロナが大きな問題になる程、儲かる人たちがいて、そのことがわかるのはそれがはるかな過去の歴史になるころかもしれないし、永遠にわからないことかもしれません。何れにしても、コロナをきっかけにして、世界は後戻りできない厳しい世界に大きく変わるのではないかと、危惧する私。それが一人の妄想家の杞憂ならありがたいけれど。

とはいえ、妄想家らしく、絶望の未来ではなく、荒廃した世界に新たに芽吹く希望の種を撒いておきたいとも思います。それは人が人を力で支配する世界ではなく、一人一人が全て大切に扱われ、不安や恐怖から解放される世界。人々は地球とも調和しコントロールパワーではなく、ラブパワーが世界を動かす、そんな世界を創り上げたいもの。妄想も思い続けたら現実になるしね。

今日も晩御飯はみんなで・・五人の食卓。みんなで食べて美味し、楽し。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-日常

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.