「 投稿者アーカイブ:味くん 」 一覧

自分を語る・・気持ちを語る・・・・対話の基本

雨上がりの昨夜は男ワーク・・・シェルター住まいの女性一名、新規参加二名も含め、16名の集まりとなって、狭い会場はぎっしり満員御礼・・ 近況報告とウェルカムメッセージだけで一時間ほど過ぎてしまいます。 ...

語りはどんどんおバカに楽しく・・・男も入って女ワークも満員御礼

2020/01/22   -グループワーク
 

今日は女ワークでした。なんと男も三人参加、スカイプ参加も合わせて、12人の参加となり、ほぼ満員御礼。お題の一つは絵本の読み合わせで、原田宗典の「わがまま王」。欲望とその充足のパラドックスを比喩的に表し ...

家族機能とセラピー・・・指導・教育は無意味

虐待にせよDVにせよ家族間暴力をなくすのは簡単ではないし、反省しても変わらない、プログラムは有効性も低いし無駄、とにかく厳罰化しかない・・との世間の価値観があって、防止法は何度か分離・罰則強化の方向で ...

なんで?・・・は無駄なんよねえ

カップルカウンセリングの時に限らず、人が不安や困難に直面した時に「なんで○○は、××なん? 」というフレーズをよく耳にします。 けれど、その言葉に対して、相手側は真摯に答えようとしてるけれど、ますます ...

家族からの自由・・・家族への自由

2020/01/19   -料理
 ,

昨夜は月一恒例のグルメナイト・・・相変わらず、五十品のメニューぞろえでスタンバイ。 手作り鶏ハム       昨夜のお奨めは大羽イワシにおでん・・・ 定番タコライスもたくさんでました。バースデーもお祝 ...

なんのための結婚? 家族ファンタジーからの解放って!?

2020/01/17   -カウンセリング日記
 

結婚おめでとう・・・・新しい家族ができた時にみなさんが口にする言葉・・・けれど、その家族がDVや、借金、浮気や、不登校、など様々な問題を抱えた時には、それは夫婦の問題でしょ仕方ないわよ、それなら離婚す ...

結婚なんかおめでたくない・・・・

2020/01/15   -支援・援助論

今年も新年があけてもはや半月・・・今年は新年の挨拶もなかなかうまく言葉にできなかった私・・・「新年明けましておめでとうございます」となかなか言いづらくて。というのは、今年は経済的にも環境的にも昨年以上 ...

なんだかんだと忙しい・・・・

先週は水曜の女ワーク、木曜の男ワーク、金曜の女と男のワークと続いたけれど、どれも参加者が多くて、ありがたくもあり、大変でもあり、なのに、連日カウンセリングが二件、三件と重なってて、この土日も、面会交流 ...

カラダが資本・・ていうか心身のバランスがないとね

現代人は頭でっかちというか、洗脳された思考回路でしか機能しないから、人としての能力が乏しいように思う私。情報収集にしても状況判断にしても、主体性もないし自己決定もない。 人間なんてそんなもん、といえば ...

言葉のマジック・・・カウンセリングの醍醐味

私は言葉を使ってお仕事?をしています。投薬でも楽になれなかった方が、一時間のカウンセリングですっきりできましたと言ってくれたり、あちこちカウンセラーのところに行ったけれど、解決しなかったと言う方が、な ...

量子論と人の心と・・・

昨日の代々木セッション、世間はまだ正月気分なのに、多くの当事者がご参加くださいました。ミニ講座は「量子論的思考」でした。 私たちの思考は、善悪二元論だったり、科学合理主義だったり・・・いわゆる近代的な ...

いやー、ハードでした元旦研修。

本年初のメンカン研修が元旦・二日と26時間に亘って開催されました。場所は家族再生センター。参加者は北から南まで全国から集まった15人。センターのお部屋はそれだけで満杯・・満員御礼。 メンズカウンセリン ...

感謝・・・一年の終わりに・・

今年はなんだかんだと、いろんなことがありました。ストレスフルなこともあったり、思い出深いエピソードもあったり・・・ひょんなことから新しいプロジェクトがはじまったりと・・濃密で慌ただしい一年でした。 確 ...

ああっ日本沈没・・・・売国奴安倍一族

2019/12/31   -日常

売国奴安倍くそが売り渡した日本の安全・安心。農業だけでなくて、いろんな分野で自由化されて、欧米の資本が入り込んできます。これから日本人は欧米の金融資本の奴隷になります。奴隷になりたくなければ、極力働か ...

苦悩はどこから・・・・

毎日、いろんな悩みや苦しみを抱えた方達のお話に耳を傾ける私ですが、悩みや苦しみの原因である状況、妻に去られたとか、夫に暴力を振るわれたとか、子供がいうことをきかないとか・・お金がない、仕事につけない・ ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.