「 暴力 」 一覧

no image

愛か依存か・・・多忙な日々

いやー、多忙でした・・・ブログ更新もままならないほどの忙しさ。なんせやることが多くてね。 カウンセリングも多かったし、水、木、金とワークが続いたし、シェルターにまた新たな利用者が入られたり・・・ 京都 ...

no image

脱暴力とセラピーと・・・・メンズカウンセリング講座

先日のメンズカウンセリング講座は品川はスクエア荏原にて開催されました。9:30 から20:30まで、11時間のセッションでした。  プログラムは以下の通り。   9:30       講義 メンズカウ ...

no image

女と男の間には・・・深くて暗い川がある♬?

私は、男女、加害被害関わりなく、支援している唯一の支援組織、日本家族再生センターの代表です。しかもこちらでは、カウンセリングやグループワークだけではなく、男女シェルターやキャンプ、料理教室、面会交流支 ...

no image

ハードワーク代々木セッション・・

土曜夜の夜バスは三列シートだったけれど、あまり睡眠も取れず、うとうと程度。早朝に新宿に着いた夜バスを降りて、半時間ほど代々木オリンピックセンターに向かって歩きました。途中でコンビニで資料をコピーしてと ...

no image

いわゆる加害者と被害者の対話と相互理解

世間では、加害者は危険人物で被害者は保護すべき弱者、との認識があり、内閣府でも各自治体にDV被害者の支援に当たって、加害者を接近させないように、との通達があります。 ですので、行政の助成を受けて、当事 ...

no image

ハーベストムーン・・・満たされた月

今夜の月は美しい。ハーベストムーン、ネイティブアメリカンの方たちが収穫の頃の満月なのでそんな呼び方をするとか・・ 昨夜は、大阪で女と男のワークでした。お題は「家族ってどんなの?」で、様々な人間関係につ ...

no image

エゲレスリポート・・・・英国支援事情

エクセターの昨夜のお宿はファーマーズユニオンなるお宿で建物の横っちょには大きな牛のモニュメントがくっついてました。 一階のパブコーナーで、お友達のお友達、当地で行政のケースワーカーをしてるオーウェンと ...

no image

なんで結婚するのか・・・

夫婦間葛藤が高じてモラハラになったり暴力になったり・・そんな方が支援を求めてこられます。 片方の話だけ聞いてれば、相手が悪い自分は被害者だ・・との物語に共感するのは簡単だけれど、もう一方の話を聞いてみ ...

no image

言葉で世界を作る・・・

メンズセラピーの基本構造にはナラティブセラピーも大きく影響してるけれど、ナラティブは社会構成主義という思想に基づいています。その社会構成主義は人が認識する世界は言葉によって構築されると考えます。家とか ...

no image

ネット暴力・・匿名の攻撃はカスだわ

煽り運転絡みの事件で、無関係の方が関係者と間違われてネット上で攻撃を受け、嫌がらせ電話がかかってきて、大いに迷惑しているとのこと。 私がでっちあげセクハラ民事訴訟で、マスコミにあげられた時は、嫌がらせ ...

no image

誰の問題か・・・何が問題か・・・他者の視点

自分の顔は鏡がないと見れないのと同じように、自分の言動もその言動に影響される他者がいて初めて、自己確認できるというもの。ただし、相手の言動の意味がわからないと、そこに投影される自分も読み取れません。こ ...

no image

マイサンクチュアリー・・・癒しと成長の聖域

昨夜の大阪ワーク・・十人の参加となって狭い会議室は定員オーバー・・ お題は、パットパルマーの「夢を実現する本」だったっけな、この中から数ページを読み合わせ・・・時代は変わる・・・幸せって何?   ・・ ...

no image

感情を理解する・・・受け入れる

先日のカウンセリング、夫婦間暴力の問題で長年辛い思いをされていた方・・本人もパートナーも、ヒートアップしたらなかなか収まらず、相手に伝えようとすればするほど、伝わらずこじれたままの関係もなかなか改善さ ...

no image

子供に自由を・・・・心の檻は壊せるし

このところ、親子関係の悩みを聞かせていただくことが増えてるけれど、大抵の親は問題は子供の問題と捉えています。不登校、引きこもり、暴力、摂食障害・・etc けれど、よく聞けば、子供の問題というより親自身 ...

no image

誰の問題か・・何が問題か・・・

DVだのモラハラだの引きこもりだの、家族の問題に悩む人たちが、私のところに来られます。 夫が、妻が、息子が、親が・・・それぞれ、自分を困らせる家族の言動で、傷つき、悩み、苦しんでおられます。その多くは ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2019 AllRights Reserved.