DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

「 暴力 」 一覧

幸せはねー・・相手にもらうんじゃなくて・・自分で作るものかな・・

一昨日は、揉める夫婦の原因として相互理解の欠如、コミュニケーション不全があり・・その原因はそれぞれが別々の家族ファンタジーを信じてて、なおかつそれに気づいてないこと・・結果的にそれが相手に対するめんど ...

めんどくさい女にめんどくさい男・・・当事者が揉めるわけ・・

なんかバタバタしてて、しばらく更新できてませんでしたね。今日は月一恒例の通院日。検査結果は順調に推移してまして、前立腺癌の活性はさらに低下しているようで、今のところ薬剤耐性を持つ様子はありません。 一 ...

突然のアクセス増加・・・なんでかな?

今日はブログ更新する前に、何かあったわけでもないのに、更新時にアクセス数みたら、いつもの倍くらいのアクセスがありました。こんなときって、どこかのSNSで、私のことが書かれてたりするんよね。大抵、味沢っ ...

語ること・・・自由と・・成長と・・

ナラティブセラピーでは、語ることで人生を再構築すると考えるし、そもそも人は言葉で世界を構築するとも考えます。かように語ることはとても大切なことだけれど、生育の中で自由に語ることを学べなかったり(今の多 ...

私の体験    なみ

離婚する2年前より、妻から長時間絡まれる様になりました。お互いに身体的暴力は無かったです。妻は常に不安で、それ以前は私以外の他者へ怒りを向けていましたが、ある事がきっかけとなり私に向くようになりました ...

アサーティブに◯◯する

りゅう 私の妻が暴力を振るい出した(DV化)のが4年前のことでした。 妻はもともと生育家庭に問題がありモラハラ気質はあったのですが、当時は妻が大学を中退して社会的な経験値が少ないことが原因だと甘く考え ...

法的・医学的根拠なきマスクを強制するのは人権侵害なんですけど。

アットライナーお前もか・・と言わなくて済んでよかったね、アットライナーさん。前回、アットライナーは、かなりしつこく私にマスクを強要してきましたが、もちろん私は今回もノーマスクで搭乗手続きをしましたが、 ...

育てるのも教えるのも・・・相手に合わせて

ネオが我が家にやってきて半年経ったけれど、だいぶん私の指示に従うようになってきました。リードをどんどん引っ張ることなくほぼ大人しく私の横を私のペースに合わせて歩くようになりましたし、お座り、伏せ、待て ...

家族問題は法律や知識だけでは解決しないんですけど・・・

家族間葛藤やらDVモラハラ、虐待などの問題に対して、相談窓口で弁護士を紹介されることも少なくありません。弁護士は基本、法律を使ってのケンカ屋さんです。クライアントの法的利益、要するに相手から金を取るこ ...

不安・恐怖・・・これが問題の本質・・・ほんとは大丈夫なんだけどね

先週の日本橋やオンラインのワークショップなどで、語らせていただいたのは感情が人を動かしているというフロイトの理論を応用したお話でした。その感情は本人の意志でなんとかなるというものではなく無意識の部分に ...

ホットライン・・電話相談員養成講座、参加者募集

DVモラハラホットライン開設から一年ほどが経過しました。ホットライン拡充のために電話相談員養成講座を開催します。 DVやモラハラなど家族間暴力は、防止法施行後も減ることはありませんし、加害者に対する脱 ...

分離だけでは終わらない・・・善悪二元論では解決不能

私は以前から、支援に善悪を持ち込まないとか、ジャッジしないとか、メンズカウンセリングの基本としてそれを語ってきてますが、世間の人にはなかなかそれが通じません。加害者は悪者だから、処罰するなり排除しなけ ...

美しさが染みる・・・

無機質な病室での生活も二週間以上になり、生活には慣れてきたとはいうものの、面会もできないし、看護師も日替わりで、マスクゴーグルだから誰がだれやらわからず、会話も進まない。病室のお年寄りは対話できそうな ...

臭い男になりたくないし・・・

今朝の食事、ご飯を抜いてそのぶんサバ缶を開けたけれど、ひと缶を一度に食べきれないので、半分を昼用にしようと缶を持ち上げた時に、うっかり滑って、鯖と汁がぼてっとベッドの上に・・・やばっ!! 慌ててサバは ...

突然のお知らせ・・病棟よりサプライズワークショップ!!

明日は本来なら女ワークの日だけど、私の発癌・入院治療ということで、一旦キャンセルさせていただきました。が、病院生活にも慣れてきたこと、病棟の様子もわかってきたことで、オンラインであればたぶんワークショ ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2023 AllRights Reserved.