DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

お知らせ 日常

コロナの真実、ワクチンの罠・・酸化グラフェンってなんだ?

投稿日:

コロナウイルスは未だその存在が証明されてません。分離・同定できてないのです。だから、存在しないものに対するワクチンは作りようがありません。では、今盛んに投与されてるワクチンとは何か・・・これがワクチンだとは言いづらい私ですが、コロナのスパイク蛋白だろうという遺伝子の塩基配列(それがほんとか嘘かわからない)の論文に基づいた、 mRNA 遺伝子を直接人体に入れる、ということに他なりません。

コロナワクチンと称した遺伝子を人体に入れることで、コロナのスパイク蛋白が人体で作られ、その蛋白に反応した抗体が人体で作られて、コロナの感染を予防するなり、発症を予防する、という理屈で、ワクチンを投与しています。これはワクチン投与を正当化するための屁理屈なのでしょう。

ワクチンの真の目的は人の遺伝子組み替えです。今まで人体にはあり得なかつたタンパク質を人体に合成させるためのワクチン投与でしょう。この蛋白質が免疫系を撹乱し、様々な免疫疾患を発症して、急性から慢性に至る様々なステージでの発病が起こり得ます。その際、ワクチンとの因果関係は証明しようかないから、因果関係は不明として、ワクチンは免責されます。結果、これから様々な免疫不全による病気や自己免疫疾患が多発し、製薬会社や医療関係者は儲かる・・・人口削減につながり、将来的な人口問題に寄与できる・・ワクチンによって、人々の意思や行動を管理できる・・・グローバルエリートたちにとっては理想の未来となり得ます。

この悪辣な企画はPCRの悪用からスタートしました。診断には使えないPCRをつかってコロナ感染と言い募り、あり得ないものをあるとする妄想の現実化です。そのためにPCRの開発者キャリー・マリスは騒動のおこる直前に謎の死を遂げています。消されたんでしょうねえ。

このように推論立てていた私ですが、ここにきて、また新たな仮説が出てきました。酸化グラフェンという物質です。これがコロナ正体だとの理論です。この理論は私の推論を否定するものではありません。むしろ補強材料になるでしょう。

https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

いったい何が真実か・・・よほどしっかり情報蒐集しないとその実態は見えてきません。メディアや政府、御用学者の言ってることからでは、何もわからないし、それを信じたらとんでもないことになつてしまいます。もちろん、私の推論が真実とは言いませんが、推論に至る様々な理論なり研究について、私もリンクを貼ってきましたのでみなさんもそれらを参考にしっかりと熟考してくださり、人生を無駄にされませんように・・

   これも現実です(笑)

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-お知らせ, 日常

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.