DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

お知らせ

医療の問題ではなく、政治・人権の問題です、わ・く・ち・ん

投稿日:

今、政府メディアはワクチン接種を勧めています。建前では、強制ではないと言いつ、接種しないと職場を追われたり、深刻なイジメにあったり・・・いやはや。

これまで、毎年インフルでも一万人ほどが亡くなられていますが、インフルのワクチンはこれほどまでにキャンペーンも張られなかったし、強制力もありませんでした。それは、自分の身体に関わる出来事については自分で決定する権利があるという人権が守られていたからです。

もちろん、結核やらコレラなどの感染性・毒性の強い病気に関しては、移動や医療上の行為に関しては人権上の制限を受けることはあります。これは感染拡大しないと社会的なリスクが大きくなるからという医学的な根拠があります。その根拠として、病原体の同定・分離、などコッホの原則が用いられているのはイロハです。

しかしながら、今回のコロナに関してはどうでしょう。死亡者はインフルよりも少ないのが現実です。またその死亡者もPCR陽性であれば、どんな死因であれコロナで死亡と報告することと厚労省が通達していますし、コロナ死であれば補助金がおりるという仕組みにしてますから、インフルで死んでもコロナと報告するのは当たり前。現実に昨年のインフル死はほとんどゼロという馬鹿馬鹿しいことになってしまいました。実際にコロナは世界でだれひとりそのウイルスの存在を証明できた人はいません。パパイヤでも他のウイルスでも反応してしまうPCRテストで、たまたま陽性となった人をコロナ感染と解釈してるだけ。

要するにコロナ騒動は妄想パンデミックです。ではなぜ、誰がなんのためにそんなことをやるのか・・・それはね・・・いわゆる製薬会社の利権があるし、ワクチンパスポートを作って、国民を管理したいという政治的な目的もあり得ます。

誰がどんな仕事をしてどれだけ使ってどれだけためて、どんな思想をもって何をやろうとしているか・・全国民を権力が支配する・・・全体主義的な社会を作りたい人たち(金と権力を持ってる人たち)が、何年も前から企画したパンデミックでしょうねえ。ビルゲイツやらファウチの過去のやり取りからそれらは見えてくるし、彼らが今スケープゴートにされつつあるけれど、実は彼らを動かしてる人たちはまた別にいるわけでで、彼らはおそらく、パンデミック後の社会的な混乱を画策しているのかもしれません。タイタニックでも、日航機でも、911でも、もちろん戦争も・・・陰謀論として封殺される出来事も、そういう目的で起こされた事件と読み解くことも可能です。

そんな出来事になると、人権も吹っ飛びます。連中にすれば、人の命よりも自分たちの利益・・権力保持が優先されるのです。そしてそのことを人々に知られては困るので、情報操作は重要です。

というわけで、私たちは今も昔も、メディアをつかっての洗脳を受けてきたってこと・・・だってさ。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-お知らせ

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.