シェルター 支援・援助論

結婚ファンタジー・・・この儚きもの

投稿日:

私は毎日のように家族の困難に苦しんでいる方のお話を聴かせていただいてます。DV、虐待、親子引き離し、モラハラや摂食障害、自傷行為、などなど、家族の抱える様々な問題について、性別や年齢加害・被害に関わらず、お話をお聞きするだけではなく、グループワークやシェルター、面会交流支援、グルメナイト、メンズクッキング・・などなど、回復に必要な様々な支援を提供しています。

どんな立場の方でも、ワンストップで様々な支援が得られる施設は私のところ以外、その存在を知りません。こんな施設ですから、様々な方が支援を求めてこられます。

先日は妻のモラハラから逃げてきた男性が数ヶ月過ごしたシェルターを退所されました。入れ替わりに、年明けには、家族のモラハラからしばらく離れて安心してすごせる場所が欲しいとの女性が入所の予定。

本当に多くの方が家族の問題に悩み傷つき、求める支援が得られず、問題をこじらせています。あげくに病理化したり事件化したり・・。マスコミ報道で、しばしば事件が取り上げられて、とんでもない犯人像が作られていきますが、それは表面的な事実だけから理解する妄想にすぎません。事実はもっと複雑で難解です。

それは私が様々な当事者のお話をお聞きし、その困難の背景やらプロセスを理解しているからわかることで、信じられないような当事者の話を聞いたことのない人には到底想像もつかないものでしょう。

そんな困難に陥る多くの当事者が共通して持ってる価値観やファンタジーの中でかなり重要なのが、結婚幻想、家族ファンタジーです。結婚したら幸せになれる、とか、離婚したら不幸になる・・子供がいないのはかわいそう・・・などなど世間の常識に縛られてる人がほとんど。

結婚して不幸になってる人はたくさんいるし、離婚して幸せになってる人もいるし、こどもができて揉めて離婚する夫婦も多いし。

で、揉めて傷ついて私のところにたどり着いた人は、たぶんラッキー。自分を縛って苦しめてる呪いから解放される可能性があるのだものねえ。

今日もある女性から少し嬉しい報告をいただきました。その方世間の典型的なパターンのDV支援で離婚直前まで行ってたけれど、ギリギリのところで私につながって、本心と向き合ってみると離婚は本意ではないとわかったとのことで、相手方とも連絡を取って、時間をかけて、支援や児相の裏をかきつつ、相互信頼を深めることで再同居にまで、持ち込めました。

とはいえ、お互いのパワーコントロールの問題が必ずしも全て解消されたわけでもなくて、しばしば彼女も不安になったり自分の選択に迷いを感じたりでしたが、今日は夫さんのコントロールに対して勇気を持って毅然と拒否したら、夫さんもコントロールを手放したとのこと。自分を大切にするということはこういうことと理解でき、少しだけれど自分に自信と勇気ができて嬉しい、との報告をいただきました。

家族を作るということは紙切れにサインして出すことではなくて、お互いがしっかりと対話し、それぞれの個性と自由を認め合い、信頼しあうと言う契約のサインをそれぞれの心に刻むこと。簡単ではありません。

その契約を変更したり解約することでお互いがさらに幸せになるということも可能。世間でいう離婚という家族形態の変更もまた家族が傷つかないための大切な作業。

だから私の支援で、修復的離婚を達成して幸せな家族もあれば、別居後に再同居して幸せになってる夫婦も少なくないし、別居のまま安定している夫婦もある。完全に離婚した方が新しい家族概念を持つことで新しいパートナーと新しい家族を作って幸せになってる人もいる・・・本当に家族の形はさまざま。

はっきりしてるのは結婚=幸せ でもないし離婚=不幸でもない。不幸なのは、相互理解ができないまま、不信感とコントロールの中で傷つけあうことや傷つけあって離婚すること。要するに問題の本質、不幸の原因は家族ファンタジーへの囚われや、その呪いが解けないということ。

だから欧米先進国は結婚外で子供を産む人が半数近くだし、離婚率も高い。離婚しても養育をめぐっては助け合うし、新しいパートナー同士で合同パーティーをするのもおかしくないし。家族意識が「家」や「籍」ではなくて、相互の自立と相互理解、相互扶助になってるということ。

実は江戸時代の日本はそんな感じだったみたいだけれどね。日本の伝統的家族って、みなさん誤解してません?

彼の食べたラストシェルター定食はアサリのパスタ定食、紅茶煮鶏、レパーパテ付き、ポテトサラダ、ベジキューブサラダ添えのワンプレート。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-シェルター, 支援・援助論
-, , , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2019 AllRights Reserved.