日常

「DVなおる」のはむかつく人たち・・

投稿日:

いやいや、まいった、アマゾンのレビューで、前著「DVはなおる、DVを終わらせるための提案と挑戦」に対して「吐き気をもよおす内容に唾棄したい気分でいっぱい。
加害者を全面的に肯定する態度は許しがたい。」

とのこと、これほど感情的に書かれているその理由が、私には理解不能なんだろうけれど、きっと著書に何かその方を刺激するものかあつたんだろうけれど・・・

どこで吐き気を覚えたのか、加害者を全面的に肯定する態度は、どの部分なのか、冷静で客観的な指摘にはなってないので、私にはちんぷんかんぷん。

そういえば以前にも、トイペ以下という表現をしてた人もあったなあ。あれは削除されてたけれど。

私は加害者の加害行為を肯定したつもりは無いし、加害者の人格否定では脱暴力への変化は難しいとは書いてるつもりだけれどねぇ。加害者の全てを否定しなければこの方達は納得しないんだろか。全てを否定したら、人間だれも存在しえないし。だつて誰しも加害者性はあるしねぇ。

しばしば、DVは全て男性が加害者で、女性の加害は男性の加害行為の結果だっていう専門家も居たりするし、男性に傷つけられたそのトラウマティックな体験が男性嫌悪の感情を醸成し、加害男性という概念にその怒りをぶつけることで、自分を支えている・・のかな。

加害男性が(たぶん加害女性の存在はみえてないだろし)回復し脱暴力すること自体が、吐き気をもよおすことであれば、DVは治らない、という文脈でしか納得できないだろうし、それではいつまでたっても被害者は再生産されたり永遠の逃避行を強いられることになるけれど、それには吐き気は起きないんだろうねえ。

まあ、この方達の心理やら思考の論理構成が・・私には理解できないんだけれど、誰か教えてくれないかなぁ。それにしても吐き気をおぼえつつも、購入し読了してくださったのは感謝ですし、ご苦労様でした、とねぎらいたい気分。



 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-日常
-, , , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.