グループワーク シェルター 料理

いろいろありました。

投稿日:

ここ数日、ちょーバタバタ。まず、先月末に発症した風邪が、慢性化して気管支炎になってるとまではお伝えしたと思うけれど、ほんのすこしずつ症状はよくなってきてるけれど、喀痰のための咳が出やすくなって、けっこう咳き込んでしまいます。ゲホッゴホッ。

なのに、一昨夜はナイトランしてみました。もう体の重い事。休み休み走ったのは八キロ。

 

昨日は遠隔地から再生センターの見学に来られた方達とおしゃべりしたり。

晩ご飯は手こね寿司チキンカツ定食

夜は映画レッドピルの宣伝の打ち合わせをしたり・・・その間も、布団敷きしたり・・・お片づけしたりと・・・

今朝は、朝一でワークの準備をして、見学組、シェルター男性、などで男性五名、女性が五名の参加で、女ワークというより女と男のワークになりました。

ワークのあとは、レッドピルの試写会・・・途中までだけれど。男性運動に興味を持ったフェミニストの女性記者が男性運動当事者の語りやその動きを否定するフェミニストの語りを対比させながら、真実は何か問いかける映画にしています。

ややもすると欧米は進んでいて日本は遅れてる(確かにそうです)という認識があるけれど、男性運動やジェンダー意識という意味では、アメリカもさほど進んでいるわけでもない、と言う事が男たちの苦悩として淡々と語られます。

その言葉の確度はわからないけれど何度もアメリカでは女性用シェルターはたくさんあるけれど、男性用シェルターは一つしかないと語られていました。アメリカでも修復的支援は何もないようです。

これを見て、確信したのは、私のやってる修復的支援は規模は小さいけれど、援助論としても援助実践としても世界の最先端だということ。

レツドピルの後もしばしのおしゃべりの後、みなさん帰路につかれました。そのあとも、晩ご飯つくって、お片づけもして・・・はあーおつかれさーん。ゲホッゴホッ。

 

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-グループワーク, シェルター, 料理
-, ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.