DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

お知らせ グループワーク 支援・援助論

明日は品川・・・メンカン講座で会いましょう

投稿日:

明日はメンズカウンセリング講座。メインテーマは「権力とセラピー」です。が、二ヶ月ほど前にアメリカの治療共同体「アミティー」の代表ナヤ・アービターが逝去されたことを偲び、アミティーのドキュメントビデオを視聴する予定。

ナヤが来日したのは二十年ほど前のこと。当時私も彼女のワークショップに参加したけれど、とても素敵な人だったし、アミティーの脱暴力支援の有効性については納得もできたので、私の活動の参考にもさせていただきました。私の援助実践の目指すところに間違いはないとの確信も得ることができました。

で、私は日本家族再生センターを立ち上げたわけですが・・・実際に日本でアミティーの実践を模倣するところはほとんどありません。出所者の社会適応を支援する団体はいくつかあるようですし、刑務所などでのワークショップについては、ある程度実践もされてるようですが、・・・私はアミティーほどではないけれど、理念的にはアミティーに近い実践を続けていることには自負しています。

塀の中ではなく、男女加害被害関わりなく、出所者に限らず、家族問題を抱えたさまざまな当事者が場を共にするワークショップを行なっているのは、たぶん、私のところだけではないかと思っています。というのも、加害者と被害者を同じところで支援してはいけないって内閣府も言ってるし、政府からお金もらってたら、それはできないしね。

そういう意味で・・アミティーも政府からの予算で運営されている以上、政府の意向に無関係ではありえないし、その点では、私はアミティーを超える支援が可能という思いもあります。個人の苦悩は個人の病理ではなく、社会の病理であり、社会の抑圧構造に対する異議申し立てとしての回復でありたいとの思いです。社会の抑圧構造に加担しない人生を指向する勇気、自己信頼・・これを育てたい私。アウトサイダーとしての人生を選び続けてきた私だからこそ、可能な支援かもしれません。だから、明日は「権力構造とセラピー」なんですよねえ。この辺り、当事者性の問題と合わせて、メンズカウンセリングの肝の部分です。明日はぜひみなさんと語り合えたらと思います。

昨日の朝、やっと開花したキウイの花。苗を植えて五年ほどでやっと開花・・だけど、近所にあったキウイの木が二年ほど前になくなって雄の株を植えてなかった私は、昨年、雄株を植えたけれど、これが開花するのはあと数年・・ああ、キウイが実るのはまだ先のようです。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-お知らせ, グループワーク, 支援・援助論
-, , , , , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.