DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

日常

安心の源・・・自己信頼感・・・どうすればいい?

投稿日:

マスクだワクチンだ・・・と世間では妄想パンデミックに感染した人たちが騒いでます。私は一年前の当初から、コロナ騒動は妄想パンデミックだと言い続けてきたし、マスクはもちろん、三密も自粛も消毒も拒否して、コロナ以前のライフスタイルを続けてきました。

私のところに集う方達も、そんな私の主張は理解してくださってて、イベントは全てコロナ以前のステイルでやっています。が、私も私周辺の人たちも誰一人コロナ陽性で、発病した人はいません。

が、最近はワクチンを強要されるとか、ワクチンを勧めなくてはならない立場に立たされて悩んでいる、そんな方からちらほら相談されるようになりました。みなさんワクチンは極力拒否したいとのお考えなので、悩みは深まります。むしろ、メディアに洗脳されて、コロナ怖い、マスクだワクチンだと騒いでる方達は、悩みは少ないのかもしれません。

けれど、このmRNAワクチン(これがワクチンなのか、私には疑問)治験中であり、安全性は確認できていません。厚労省も、安全とは言っていません。御用学者が、心配はいらない、安全です、どんどん接種しましょうというけれど、すでに、200名ほどのワクチン接種後の死亡が公表されています。これは氷山の一角で実数はこの何倍かわかりません。さらに、免疫疾患などの長期的な弊害を予測する専門家もおられます。

ワクチンのリスクはさておいて、各国政府はなぜ、こんなことをやるのでしょう。実はロックフェラー財団が10年ほど前に出したレポートにこのコロナパンデミックのそのままを予測した内容が書かれていたとのこと。

マスク、洗脳、ワクチン、ワクチンパスポート、権力による市民の人権抑制と、市民自ら、人権抑制に加担し、その流れはさらに強化されるというものです。ロックフェラーといえば、ディープステートの元締めです。そのレポートの内容に沿って、WHOを動かし各国政府、メディアをコントロールして妄想パンデミックを撒き散らした、ということでしょう。その最終目的は、人口の抑制、人口の削減です。

結局、多くの人は自己信頼感がないから、不安を煽って人々を支配する権力のコントロールにやすやすと乗せられてしまうのでしょう。行き着くところは奴隷化、家畜化です。

こんなことを考える私には、この暑いのにマスクして歩く人たちがゾンビに見えて仕方ありません。彼らから見ると私はコロナを撒き散らす危険人物に見えるのかもしれませんが(笑)

何れにしても、問題はコロナではなく、不安妄想に支配されて、冷静な判断ができなくなるということです。そうならないためには、日頃からメディアリテラシーを行い、リスクマネジメントを怠らないということ。また自分を信頼し、信頼関係のある仲間とたくさん繋がること・・でしょうか。

そうそう、先日、私のホームページが丸一日誰からも見れなくなったようで、サーバーのトラブルかなと思ってたけれど、どうもそうではないらしく、私のホームページだけに起こった現象のようで、理由は不明。

また、この十日間ほど私の携帯画面に、意味不明の1センチほどの絵のような模様が二箇所現れて、その模様が大きくなったり形や色が日々変化していました。で、今日、やっとその模様が完全に消えました。なんだったのか、意味不明。

そして、今日、急なゲストのための夕食を作って、いつものようにデジカメで撮影したら、意味不明な画像になってました。こんな画面は初めて。

まあ、ずっと以前から、私周辺では、意味不明なことがしばしば起こるけれど、私はそれを「霊ちゃん」の仕業と理解しています。霊ちゃんは大きな迷惑はかけないけれど、些細ないたずらを仕掛けてきます。まっいいけど。私は不安にはならないし、問題にもなりませんから。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-日常

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.