DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

カウンセリング日記

グッバイTV ・・・腐ったメデイアよさようなら

投稿日:

先日、某ポジティブ・レボリューションの女性が「魔法がひとつ使えるなら世界のテレビを壊したい」と言ってた。その気持ちはよくわかる。テレビは洗脳の道具だからね。

私も昔から、テレビは裏から見るもの新聞は行間を読むもの、と理解していました。それでもテレビや新聞の存在そのものは否定していませんでした。

けれど、この一年、コロナ騒動やら、現在のアメリカ大統領選の報道の仕方をみてるともう、反面教師としても、情報収集の方法としてももうなんの意味も感じなくなってしまいました。

情報は、ネットやら、書籍、口コミなど多様な方法で集める方が正確で緻密、多様です。もちろんそれぞれ、一長一短はあり、かつ玉石混交ということも事実です。けれど、こちらが冷静に判断していれば、つまらない情報に惑わされることはありません。

けれど、メディアの情報が正しく公正なものとなんとなく信じてるだろう多くの人たちにとってみれば、メディアを疑うことはできないでしょう。実際マスク100%なんですから。まあ、信じたいものを信じることを否定はしませんが、その価値観を人にも押し付けるのはごめんこうむりたいもの。その人がマスクして病気になろうがなるまいが私には関係ないけれど、私は自分の体のためにはマスクはつけるつもりはありません。新鮮な外気が吸えなくなったら、そのぶん体には余分な負荷がかかりますからね。

そうそう、アメリカの大統領選挙・・・バイデンが勝利した、トランプが抵抗するのはみじめったらしい、早く諦めろ、との報道が連日なされてるけれど、ネットで検証すれば、それが正しい報道ではないことは、すぐにわかります。メラニアが「もう諦めて」と言ってるとの報道もなされたけれど、メラニア自身がツイッターで、トランプの勝利を確信してる、と書いてるのだから、このメディアの報道がフェイクだったということ。その誤報を謝罪も訂正もしないメディア。選挙以前から、バイデンスキャンダルについては一切報道しないでトランプを貶める報道ばかり垂れ流すのはなぜ?

結局、金なんでしょうねえ・・・特にリーマン以降アメリカはチャイナに資本投下して経済を回してきたし、そのおこぼれを、オバマもバイデンもヒラリーもそして多くの民主党議員も(日本の政治家も)チャイナにつかまされてきたというわけでしょう。もちろんアカデミズムもメディアもしかり。だから、南シナ海も尖閣も法輪功もウイグルも、みんな目をつぶってきたオバマ・バイデン・・・こいつらがアメリカを動かしたらトランプ以上に世界はとんでもないことになるんでしょうねえ。表向き、綺麗事をいいつつね。

というわけで・・もう私、こんな腐ったメディアの視聴にはもう時間をさかないことにします。時間がもったいない。

メディアはどうでもいいけれど、世界がどうなるのか、多くの人がどうなっていくのか・・・私は私のできることをたんたんとやるしかないしね。

 

倉庫にあった組み立て式犬舎・・・作ったら、ネオは入れなくて・・・こまつてた

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.