お知らせ

晴れのち豪雨

投稿日:

今日は朝から天気良くて、125ccのバイクで転生庵にいきました。畑ではきゅうりが豊作。オクラやインゲンも初収穫。

オクラの花と実

ネオとランチの蔵出しそうめん

昼過ぎに梅雨前線の通過で、激しい雷雨に

世間ではGO TO トラベルで、のっけから Go To トラブルみたいだけれど、コロナ騒動に関しては初動から大きな間違いを犯してるから、感染防止と経済の活性化と相矛盾することを求められてしまう。

まあ政府も、国際金融資本の圧力をかわせるほどの政治力も経済力もないし、バカな選択しかできないでしょ。資本はワクチン依存にさせるための巧妙な戦略としてコロナ騒動を用いてるんだから。

この圧力に屈しなかった国は唯一スウェーデンだけれど、国際メディアにはスウェーデン方式は失敗だとさんざん叩かれているけれど、メディア自体がすでに資本の手先で、コロナ騒動を加担してるんだから、メディアの報道も信じられない私。

統計で見れば人口あたりの死亡率はロックダウンした英国、スペインなどより低く、世界7位、それに死亡者は高齢者がほとんどで、高齢者がなくなることに対して、国民感情は冷静でさほど問題視されてないようです。国民も政府の政策を概ね支持しているようだし。

ニューョークでは感染者数のわりに死者がほとんどいなくなったとの報道がなされてて、それはPCRを徹底的にやったからだ・・との内容でした。が、この報道にも疑問符がつく私。PCRの効果ではなくて、一波の感染でハイリスクな高齢者がみんないなくなって、コロナ感染しても軽傷か無症状かの人だけになった・・・という推論も可能です。実際日本ではさほどPCRやってないけれど、感染者が増加しつつあるのに死者は減ってます。

あと一年ほど経てば、ロックダウンのメリットデメリットも出揃うと思うけれど、基礎疾患を持ってる高齢者がぼちぼち死んでいくのではなく、コロナ感染で、死亡時期が集中した・・だけだったのかもしれない。だから、そんな高齢者が亡くなったあとは、コロナ感染死はほとんどなくなり、コロナ騒動はおわるけれど、煽られた恐怖を利用して、あれこれ法律や制度を資本に好都合に変えた国と、そうでない国、ができてくるのかもしれません。これは私の推論です。

ほんとにね、コロナはただの風邪です。高齢者は気をつけてください。餅を食べるのに気をつけるようにね。餅で死ぬ人もコロナ以上にあるらしいし(笑)

マスクもソーシャルディスタンスも消毒も無駄、無意味。ふつーに暮らせばいいだけのこと。プラごみを出さないように・・環境に配慮した働き方暮らし方にシフトしませんか・・コロナ騒動をきっかけにね。コロナは怖くないんだからねー

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-お知らせ

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.