DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

日常

妄想コロナの本当の恐怖がやってきた・・・

投稿日:

ここ数ヶ月で新型コロナでの死者が数百人・・・亡くなられた方の関係者にとってはコロナに対する恐怖や不安を感じるのは当然のこと・・で、マスコミはその不安を煽り続けてきました。

私はその構造に対して、バカバカしいと言い続けてきました。それは、コロナの恐怖を煽って、感染防止のあれこれを提案し、非常事態宣言を出し、人々の活動を停止させることで、その後の経済逼迫がどれだけ多くの人の命を奪うことになるかか、その恐怖を考えるからです。

 

専門家の言説のおかしさについて、やっと週刊誌が記事にしたけれど。

感染者の減少をもたらすためのコロナ対策の結果が出始めました。厳しい経済的な困難です。先日も行政の相談窓口におられる方と話したけれど、四月までは、どうやって自粛解除まで持ちこたえるか、その相談だったけれど、五月からはどうやって倒産させるか、そんな相談が増えてきたと。さらに、今は裁判所が止まっているから倒産の手続きが進まないぶん倒産件数がさほど増えてないけれど、裁判所が動き出せば、どっと倒産が表面化するだろうと。

人々が、困難と絶望の中で命を断つことはコロナで死亡することと同じく、いやそれ以上にその悲しみや痛みは大きいのかも知れません。妄想コロナが引き起こす不幸です。

さらに新しい生活とか言って、人々を妄想コロナの恐怖に縛り付け、人々の言動の全てを監視コントロールする仕組みを、スーパーシティーと喧伝し、毎年変化するウイルスに毎年ワクチンを植え付け、莫大な利益にしていく、新しい目に見えない奴隷制度という不幸・・・

どんな人もあらゆる人はいずれ命を失います。それはどれも痛ましいものであり、不幸であることに変わりありません。生きること、いずれ命を失うこと、その事実に向き合い、一人一人の命が大切にされる、そんな世の中にしたいもの。

煽られた恐怖にとらわれ、希望を失い、人と人が分断され、誰かに支配される、そんな世の中にはしたくありません。

一体、問題は何か、コロナが教えることに恐れることなく真摯に向き合うこと、その勇気を多くの人に持ってもらいたいものです。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-日常

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.