イベント

当事者の救われる支援を・・・

投稿日:

昨日のメンズカウンセリング講座「価値観からの解放とセラピー」というテーマでした。

現在のDVや虐待などを含む家族問題についての支援は、縦割りで、当事者に対する共感も無く、指導的に行われるから、たらい回しにされたとか、聞いてもらえなかった、イヤなことを言われた、結局役に立たなかった、とかいう話が起こります。極端な場合は、それで家族崩壊して、問題が連鎖していくというケースも少なくありません。決局、予算を使って支援のための支援を行なっているだけで当事者は救われてない、ということになってしまっています。

しかもその構造で飯を食ってる人たちは、当事者に感謝されるような支援は構造的かつ能力的に不可能で、有能な支援者ほど、その難しさに悩み胸痛めています。

その構造に対する理解や、その限界を超えるための援助論がメンズカウンセリングですが、それは世間の常識や援助論を超えているから、なかなかに理解しがたく、普及啓発も困難です。

とはいえ、座して黙することもできず、昨日のような講座を開催してきたわけ。で、昨日のテーマだけれど、「価値観からの解放とセラピー」ですが、当事者が困難に陥るのも支援がうまく機能しないのも、構造的な問題とその背後にある「価値観」の問題とがあり、セラピーでは両方に対する理解と対応が必要となります。

で、昨日はそのところを具体的に支援とつなげていくスキルを獲得するためのロールプレイを行いました。

参加者の多くはDVやモラハラの加害被害当事者で、ロールプレイも実体験に基づいてるから、とてもリアルです。もちろん、新しい方とベテランと、その技法やら流れは随分違いますが、その違いからメンズカウンセリングが世間の価値観や常識とは違うところでセラピーが行われていることにも気づきます。

ほんとに昨日も濃密で有意義な時間となりました。遠くからご参加いただいた方も何人もおられたし、忙しい中参加してくださった皆様に感謝です。

そうそう、先日今日スパに取材された記事がでましたね。

男のDV被害は想像以上に多い「言葉の暴力は女性のほうが圧倒的に加害者です」

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-イベント
-, , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.