カウンセリング日記

イエスの方舟再来か?・・・千石ちゃんのコピーか?

投稿日:

今日は女性のあらたなシェルター利用があったし、その件とは別の女性のシェルター利用の申込みもあったけれど、すでに一室は長期の男性の利用があるし新しい女性の利用もあるしで、お断りせざるをえませんでした。

シェルタールームがたくさんあれば、どんどん受け入れて、ついでにグルナイを毎夜やって、利用者を居酒屋のスタッフにして大儲け・・なんてことにはならないけれど、今ですら、まともに働いてもない味沢が駅前の一戸建てを買ってセンター立ち上げたのは、なにか裏があるにちがいない、なんて邪推する人もいるでしょうねえ(笑)。

「味沢は被害女性の弱みに付け込んでいいようにタダ働きさせたりセクハラしたり、やりたい放題、でないと、あんなところの一軒家を買ってセンター立ち上げるなんてできないよね」なんて妄想してる人もいるかも。

実際、私が以前某財団の助成を受けた時にその金を何百万かくすねただろうと、電話してきた人もいましたからね。そのニュースソースも私をやっかんだ妄想家が、有りもしないデマをあちこち電話したらしい、そのことのようだけれど、ほんとこまったものです。

ほんと世間は、勝手に妄想して勝手に悪者作り上げて勝手に叩いて勝手に正義感を満足させる・・、自分たちの常識では理解できない人達や現実にはきちんと向き合おうとはしないからね。

で、当事者が二次被害にあったり、冤罪着せられたり、家族が崩壊したり・・もうとんでもない世界・・・昔々の千石イエスさんもほんととばっちりでいい迷惑を被っただろうな。それに何より、家を追われて寄る辺ない女たちがやっと安住の地を見つけたのに、助けてくれた千石さんがとんでもない人物かのように叩かれ、自分たちもせっかくの居場所を奪われてしまった。

あの事件から四十年近く経つけれど・・結局千石さんは何をしてたのか、知れば知るほど、立派な人だったと私は思うけれど、彼をバッシングした世間は、なにも反省もなければ学びもない。

「千石の死後も信者はクラブ経営の他に、近親者などからの暴力から逃れる女性の『駆け込み寺』的な施設の運用も行っている[要出典]。」(Wiki)

私がセクハラカウンセラーだの、女をたぶらかすとんでもない奴だの、言いたい奴には言わせとけばいいけれど、行政も助けない、専門家も深入りしない、結局たらい回しにされる女たちの(もちろん男たちも)安心・安全な居場所を確保するのは私の仕事。

けれど、なんせ金がないし、私には稼ぐ才能もない・・これ以上のシェルター増設はしたくてもできません。というわけで、今年も買いました、年末ジャンボ。当たれば十億円。バラで買ったから七億円かな。七億当たれば、シェルター大増設、居酒屋経営、これで仕事がない、金がない、でも逃げるしかない、そんな人が安心して逃げられるし、人生の再出発が可能になります。あたれー年末ジャンボ。

今夜のシェルター定食

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記
-,

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.