カウンセリング日記

カモられる当事者

投稿日:

先日ある人のお話で、夫婦間葛藤が嵩じて妻が家出したけれど、関係修復したい夫は離婚関係の対人支援の有名人らしい人に相談したとのこと。

着手金に数十万を支払ったけれど、どんな支援をしたのか、数回のアプローチをしたというだけで詳しいことは知らせてもらえず、ただ待ちなさいと言われて、結局、修復の動きは何もなく、一年がすぎてしまったと。

私はおもわず、そんな支援でン十万なんてぼったくりましたねえ、と絶句してしまいました。

マスコミにも出てる有名人らしい人が運営してるらしいけれど、そもそもマスコミにでる有名人というのが胡散臭いしねぇ(笑)

別れさせ屋とか、離婚修復とか、面会支援とか、占いとか壊れかかった家族の弱みに付け込んでぼったくるのは離婚弁護士だけではなさそう。

依頼着手金として高額を請求する人たちって、やらずぼったくりの看板をあげてるようにしか思えないのは私のひがみかしらん(笑)

弁護士でさえ、ぼったくりと言われないように、着手金と成功報酬に分けて請求するけれど、実務報酬は低額に設定して、実は着手金で儲けるという仕組み。こうしてれば、実務がうまくいかなくても、クライアントを呼び込みさえしたら事業としては成り立つしねえ。

そんな事業所ってそのために立派な看板、しっかりしたホームページを作ってるんよねえ。〇〇資格とか〇〇機関認定とか〇〇アカデミー連携とかぶら下げて。

でもねぇ、そんなとこを利用した当事者たちのお話を聞く限りでは、どうみても支援としては失敗してるとか、詐欺っぽいよねえと思わざるをえないお話も。それでも着手金はちゃっかり頂いてるし・・・。支援がうまくいくかいかないかに関わらず高額の金を取るってのは・・・支援のプロとしてやり続けてきた私からは、不誠実で軽薄な事業にしか思えません。

私は成功報酬も頂かないし、着手金もいただきません。ただ、援助にかかった経費としてカウンセリングであれば一時間三千円をいただくだけです。

家族が破綻しかかってる方は往々にしてお金にも困窮している方も多く、そんな方の弱みに付け込んでぼったくるのは私の支援の目的には反します。

私の支援の目的はもちろん私自身のプロとしての満足や納得もありますし、クライアントの回復や幸福でもあります。私の経済的な利益は目的ではありませんので、高額な利用料は取るつもりもないし、それでは困った当事者が利用できなくなってしまいます。

いま家族の問題を抱えてられるみなさん、支援を求める時には立派なホームページや肩書きに惑わされないでくださいね。もちろん行政の看板もペラいもんです、無料でもあまり役に立ちません。

高額の利用料や着手金を取るところってよく内容を確かめて、いろんな方のレビューや利用体験談などにも目を通して、それから依頼したほうがよさそうです。

私のところは、一時間の相談料が三千円ですから、こいつはダメだ、と思ったとしても、実損はそれだけですみますから、安心です(笑)もちろん、支援内容はどこよりも篤く広く深く行っているという自負はあります。安いからペラいわけではありません。

さてさて今日は、仕事も少なくのんびりとデスクワークを行ってました。夜には別居中の男性のお話を聞かせて頂きましたが、ここでもやはり弁護士の傲慢な仕事ぶりが感じられて腹立たしく感じました。

クライアントの人生や幸福、回復を真剣に考えて仕事してるのか、私から見ればはなはだ疑問・・・対立した夫婦を揉めさせて、金をむしるだけかい・・・なんて言いたくはないけれどね。

 

 

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記
-, ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2017 AllRights Reserved.