イベント 支援記録 料理

当事者同士は安心!!

更新日:

昨夜のグルメナイト、オープン前に懐かしい顔が・・・・ほぼ一年ぶりに出張ついでに寄って下さったいわゆるDV被害男性がふらりと。続けて初めて友達に誘われてこられた冤罪DV加害男性と言われる方とそのお友達と。

初顔合わせだけれど、当事者同士すぐに離婚だのDVだのの話に。奇遇なのは初顔合わせのその方達、話してるうちに以前は同じ会社に在籍してたことがわかったりして。ほんと不思議な巡り合わせです。

昨夜は出足は遅かったけれど、世も更ける頃はいつもながらの人数近くになり、賑やかな語りとなりました。おバカな話、エロい話、真面目な話、いろいろ話題は飛び交います。どんな話をしても非難されたり、バカにされたり、喧嘩になったりすることはありません。女男、大人子供、加害被害、いろんな立場の人たちが酒を飲みながら自由に語り合ってるのにね。

CIMG8857 (1).jpg
 

 

 

この不思議空間が成り立つのは、きっと、他人事で関わろうとする援助者や防衛のため人をコントロールしようとする専門家など、世間の常識や倫理を持ち込む人がいないからでしょうねえ。

当事者は世間の様々な抑圧構造や常識や倫理に傷つけられ、孤立した体験を持っているから、世間の常識を押し付けてくる人たちがいる場では、本音で語ることはないし、本当に癒されることもないのかもしれません。

そんなこんなで、おバカな話で盛り上がった昨夜のグルナイ、珍しくお泊まり組はいなくて、三時頃におひらきとなり、私も朝を待たずに帰宅することができました。

グルナイではほんとおバカな事を語り合う当事者たちだけれど、それぞれは私と違って現実の社会の中で矛盾を抱えながらも働き、生活しています。それはそれで敬意を感じる私です。彼らがその矛盾に潰されることもなく、むしろその周囲の人たちに対して、こじれる前のささやかな、けれど本当に大事な隣人の支援を提供しているのもちらほらお聞きします。

派手なキャンペーンや法律や制度に基づいて予算づけられる支援が必ずしも当事者のためにならず、むしろ支援のための支援に成り果て当事者が傷ついていくという現実の中で、表には見えないけれど、ささやかな支援を回復当事者として渦中の当事者に提供するのも、メンズカウンセリングのスピリットが理屈ではなく、彼らの暮らしに息づいているからでしょうか。

それにしても、グルナイは当事者のための回復とさらなるスキルアップの場だけれど、わたしにとっては学びや癒しの場であるだけではなく、場づくりや料理を大量に作るという修行の場でもあり・・・、楽しみの場でもあります。儲けにもならず、忙しいばかりと言えば事実そうなのですが、実利よりも、私のスキルアップには役立っているようです。売り上げでなんとか材料費は回収できるけれど、人件費はまったくでなくてほぼ無償ポランティア。でもやめられません。

そうそう、その材料を買いに昨日スーパーに行ったら・・・

CIMG8849 (1).jpg
 

2メーター以上ありそうなホオジロザメが売り場を占領してました
 

CIMG8848 (1).jpg
 

CIMG8852 (1).jpg
 

野菜はたっぷりたべましょう、きゅうりは蛇腹きゅうりに
 

CIMG8851 (1).jpg
 

でかい大根は下ゆでして
 

CIMG8853 (1).jpg
 

大根フライになりました
 

CIMG8859 (1).jpg
 

デザートにティラミスも追加です
ほんと料理は買うのも作るのも面白い・・・・けれど、今私は作ってもあまり食べることもないし、買った材料、作った料理の7割以上が在庫になります。腐らないように保存処理して、少しずつ家人の自家消費にするので無駄にはなりませんし、忙しくても手作りの料理を食べてもらえるので一石二鳥。ほんと安上がりで便利な男だわ。

ブログに納得いただけたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-イベント, 支援記録, 料理
-, , , , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2017 AllRights Reserved.