DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

「 加害者 」 一覧

明日は品川・・・メンカン講座で会いましょう

明日はメンズカウンセリング講座。メインテーマは「権力とセラピー」です。が、二ヶ月ほど前にアメリカの治療共同体「アミティー」の代表ナヤ・アービターが逝去されたことを偲び、アミティーのドキュメントビデオを ...

当事者が支援者になる・・・メンズカウンセリングでは当たり前だけれど・・

当事者が回復して、支援者になることで、クライアントに対して深く共感したり、権力を伴わない対等な支援が可能となります。けれど、世間の価値観や支援者養成のシステムでは、それはとても難しいこと、ある意味不可 ...

感情に流されるな・・・DVも戦争も

DVやモラハラなどの家族間葛藤の問題に関わる時、えてして、誰が悪いかジャッジして、悪者を排除するか、制裁することで、弱者のために正しいことをした、と自己満足する人が大多数ではないでしょうか。いわゆる被 ...

善悪でみちゃだめなんですけど・・・DVもウクライナも

2022/03/24   -日常
 , , ,

ゼレンスキーがオンラインで国会演説をしたようです。私は見てないけれど。悪いプーチンロシアに侵略されて大変な目にあってるウクライナを助けてください、お金ちょーだい。とのことのようです。確かに世界的にプー ...

さっぶ・・・・でも会話はホットに・・・グルメナイト

昨夜は小雪舞う寒さ・・・さすがにこれはやばいとのことで、夜になる前にガレージに出してた観葉植物たちをとりあえず、玄関にまで取り込みました。 そんな寒い中、一年ぶりくらいに参加してくれた母娘がいました。 ...

心地よい対話と・・回復と・・男ワークの深い語り

昨夜は男ワークだったけれど、参加者は五名・・私含めて六名の集まりで、ほんとこじんまり。以前は十数名の参加で部屋いっぱいだったけれど、昨夜はアットホームに。 お題は今年一年で達成した課題と、やり残した課 ...

加害被害の難しくビミョーな関係・・・

昨日はメンズカウンセリング協会の定例「認証研修会」いわゆる世間でいう事例検討会でした。事例はいくつか私の方から提案しましたが、いずれも、加害・被害の事例です。セクハラだったり、DV・モラハラだったり・ ...

今夜はグルメナイトだ・・・

今夜は月一恒例のグルメナイト、家族問題の男女当事者が集まり、飲み食いしながら語り合うというイベント。いわゆる加害者と被害者が酒を酌み交わしつつ、本音で語り合うって・・・・世間では理解できないシチュエー ...

癒されない女たち・・・シンママの苦悩はどこから?

先日突然アクセスが一桁上がったこのブログ。なんでかわからなかったけれど、シンママのツイッターで私のあるページが紹介されてたようです。こんなひどいことを書いてる・・みてみてと。そのページっていうのが「殺 ...

DVモラハラホットライン始動・・・・

先日の土曜夕方、DVモラハラホットラインがスタートしました。一月から毎月二時間の研修やメンカン講座やグループワークなどに参加して、対人支援や電話相談の知識やスキルを獲得していただくだけでなく、社会病理 ...

当事者の当事者による支援の・・・・カンファレンス・・・メンカン認証研修会

昨日はメンカン協会の「認証研修会」でした。いわゆるカンファレンス(事例検討会)です。協会会員がそれぞれの援助実践を報告し、それについてみんなで語り合うという場です。 実際の事例について語り合うので、個 ...

怒ろう・・・・感情の抑圧ではなく・・・

昨夜の男ワークでも一昨日の女ワークでも、お題はパットパルマーの絵本「怒ろう」の読み合わせ・・・ほとんどの人は、怒りは暴力の原因だから怒らないようにしなくては・・・と考えます。加害者と言われる人たちも、 ...

DVモラハラホットライン開設に向け・・・研修ちう

昨日は「DVモラハラホットライン」の電話相談員養成のための研修でした。昨日の学びのテーマは「社会病理と複合支援」でした。 世間に流通する支援は、ナラティブセラピーで言うところの「問題がシステムを作る」 ...

自己受容・・・あるがままの自分でOKってこと!!

人の心は量子的とかパラドックスとか、私は人の心を説明するときにしばしばその発言をします。要するに、人は不一致や矛盾、不確実性やら偶然性を内包したカオス的存在で、その根本は決して合理的、かつ論理的な存在 ...

りんごは下から、人は上から・・・・腐ります。

昨日はメンカン講座・・緊急事態宣言のおかげで、急遽会場変更となり浅草橋のとあるカフェバーで開催となりました。参加は関西組あわせて十人ほどの集まりとなりました。 朝九時半から夜の八時まで・・十時間半の長 ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.