DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

カウンセリング日記 支援・援助論

分離だけでは終わらない・・・善悪二元論では解決不能

投稿日:

私は以前から、支援に善悪を持ち込まないとか、ジャッジしないとか、メンズカウンセリングの基本としてそれを語ってきてますが、世間の人にはなかなかそれが通じません。加害者は悪者だから、処罰するなり排除しなければ、被害者が救われない、と考えるのが一般的。

それは個々の家庭問題でもそうだし、国家間の戦争でも同じ。表面的な言動で判断し善人と悪人に振り分けるのは簡単だし、悪人とされた側を制裁したり排除するのは、自らの正義感が満たされて、満足できるというところ。悪徳政権を倒すためにその国民がどれだけ犠牲になろうが仕方ないと戦争を肯定したり、支援者がクライアントの幸せのためではなく、支援者自身の自己満足のために支援するということにもなり兼ねません。

他者の表面的な言動を自分たちの知り得た情報や価値観でジャッジすることの危うさや暴力性について多くの人は無自覚です。

先日のクライアント、いわゆる加害男性なんだけれど、その暴力がもとで、妻子は別居中。その妻子の暮らしも楽ではないし、妻さんはそのしんどさを暴力を振るった夫に怒りとしてぶつけることで、やり過ごしています。夫さんはカウンセリングやグループワークを続けていて、自分の問題をかなり克服していて、妻さんの怒りや不信感を受け止められるようになっています。うまく対話すればとてもいい家族になりうるけれど、妻さんが自分と向き合うことができてないため、対話が進みにくいという現実があり、勿体無いところ。

妻さんのトラウマティックな体験やそこからくる痛みや怒りを終わらせることなく、夫さんに怒りとしてぶつけているだけでは、妻さん自身も本質的な解決や癒しにはならないだろうしねぇ。妻さんが世間の善悪二元論から解放されて、問題の本質的理解ができるよう、いい支援につながってくれればいいのだけれどね。

話は変わるけれど、コロナ騒動のマスクだのワクチンだの、そのバカバカしさにもういい加減気づいてほしいけれど・・・なぜでしょね、日本の皆様・・不思議です。

http://totalnewsjp.com/2022/07/24/covid19-531/

自分の命やら健康やらについて、自分で考えられないなんて・・私には不思議なことだけれど・・日本人って・・・そういう人たちなんですよねえ・・沈黙の羊たち・・

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記, 支援・援助論
-, , , , , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.