カウンセリング日記

妄想パンデミック・・・全てはPCRの悪用?・・不都合な真実

投稿日:

コロナ騒動が起こり始めた頃から、徳島大の大橋さんは新型コロナウイルスの存在に疑問を投げかけていました。

ウイルスが同定されてないこと、無症状者からの感染が言われてるけれどその証明がなされてないこと、などなど様々な「不都合な真実」について論理的に説明してくれてました。

私も当初彼の主張に?を感じたけれど、よく聞いて見るとなるほど!!と納得するばかり。その後京大の中久保さんが、タイプ別の感染拡大という考え方で、日本の感染者、死亡者が少ないことを説明してくれました。

また、交差免疫だのウイルス干渉だの、状況を説明する仮説があれこれ提示されるようになり、新型コロナウイルスというものの、実像がかなり見えてきました。

それによると、日本も地獄になると岡田センセがテレ朝で恫喝した、怖いコロナウイルスというものは存在しなくて、すでに自然免疫、獲得免疫でほとんどが感染予防できる集団免疫状況にある、普通のコロナウイルスにすぎないということもわかってきています。

なのに、政府もメディアもそのことを大きな声では言いません。相変わらず、自粛だの三密だのに気をつけましよう・・最近の感染者の減少は、その努力によるものと、嘘を重ね続けています。

マスクや三密対策で減少するなら、マスク使用率と減少がリンクするはずですが、緊急事態宣言が出された頃にはすでにピークはすぎて、減少傾向にあったのですから。人々の努力で減少した訳ではありません。なのに、・・まだ自粛努力を要請しています。なのに矛盾する政策でGo to キャンペーンをやっています。

金かけて、Go toキャンペーンするより、みなさん安心してください、コロナではほとんど死ぬことはありません、三密もマスクも不要です、と安全宣言出す方がより誠実だし、有効でしょう。でもそうしないんよね・・・。たぶんコロナを心配し続けて欲しいんでしょうねえ。ワクチンに繋げるために。

結局、新型コロナって・・恐怖の対象としてはありえなくて、妄想のパンデミックにすぎず、実態としては、弱毒性のコロナウイルスにすぎないってこと。大騒ぎしたのは、PCRプラスを感染者とし、感染者受け入れに予算をつけたこと、指定感染症にしたこと、など、子猫をライオンに見立てて大騒ぎしたようなものです。

先日の日刊ゲンダイの記事で・・・その不都合な真実について取り上げていました。

この記事の中で、面白いのは、コロナ騒動で年寄りが自粛して病院にも行かなかったから、循環器疾患で死ぬ人が減ったという事実です。病院にいくと病気になるという私の持論が証明されたことになります。医療にはかからない方が死亡率が少ないという不都合な真実がここにも。もちろん全ての医療を否定する訳ではありませんが・・検査・投薬で利益を出すいまの医療は有害な面があるということです。

ほんとみなさん、騙されちゃいけませんよ・・ワクチンは危険、医療もかなり危険・・・自分の健康、自分の命は自分で守るしかないよー・・・マスクなんかしてる場合ちゃうよー。

ドイツで五月頃・・反コロナデモを抑え込む警察。渋谷の平塚さんだけじゃくて、京都でもやらんかな反コロナでも・・私も真っ先に歩くわ。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.