カウンセリング日記

Go To の前に・・・

投稿日:

政府はコロナ自粛で冷え込んだ観光を立て直そうとしてか、各方面の反対を押し切ってGo To キャンペーンを張るらしい。一定のコロナ対応をクリアした業者での宿泊には補助金を出すのかな?

でもねえ、キャンペーンやっても、コロナ恐怖を抱えた方達にしてみれば、金かけて遠くに出かけるより、感染リスクも費用負担も少ない近くの自然公園とか近しい人たちとの集まりの場とかに出かける方が無難。だから、GoToキャンペーンも、どこかで安部友に美味しいところを抜かれるだけで、今にも潰れかかってる零細観光業者にはなんのメリットもないのではないか・・・・と言うのが私の直感。

とはいえ、思った通り、コロナは感染拡大を続けてるし、非常事態を解除して以降、市民が普通に外出するようになってるから、これからますます感染は拡大するでしょう。

小池も、医療専門家たちも、この状況がハイリスクで、自粛を再要請すべきでGoTo なんてとんでもない・・という主張をメディアを通じて語ります。メディアを信じる多くの国民もその言説を疑うことはありません。

でもねえ、GoTo やめて自粛再開したら、観光産業だけでなく公共交通までもがあちこち倒産してしまって、国民は移動にとても大きなコストとリスクを負わされることになります。高度な産業立国としてのインフラの一つが崩壊することになりかねません。

それに自粛しようがPCR検査を強化しようが、無症状、PCRマイナスの感染者がいる以上、コロナを撲滅することは不可能で、むしろ徐々に抗体獲得者が増えていくでしょう。これは時間の問題ね。

たとえコロナ感染をある程度抑えたところで、そのデメリットの方がはるかに大きく、将来的にコロナ以上の災厄をもたらすのではないかと考える私です。

自粛をしてもしなくても、コロナでのある程度の死亡者数はでるでしょう、けれど、その数はしれています。インフルほどもないのだから。コロナを恐れる必要はそもそも最初からなくて、問題は妄想パンデミックであり、それを煽る専門家やらメディアです。

結論はねえ、感染者数を日々数えてコロナが怖いと言うのをやめて、コロナ恐怖を煽ってごめんなさい、あれは間違いでした、と言うべきだと思うけれどね、その上でコロナを冷静にリスクマネジメントすべきです。

そのうえで、国民の安全やら安心、人権や環境のための政策を打ち出すべきでしょう。でもねえ、今の政府や国民にはそんなことはできないでしょうねえ。

コロナ恐怖を煽って、思想統制する仕組みを作ろうとしている、その大きな力に抵抗できる政治家も専門家もいないしね。今の私にできることは、騙されんなよーと言い続けることと、自分の身は自分で守ると言うことくらいかな。まっいいけど。

常識から解放されたら・・・・・ね

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.