DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

料理 日常

コロナと共存するのがもっとも安全という話・・

投稿日:

最近、ユーチューブで遊んでる。センターに出入りする若者がとても器用でいいセンスなのに暇だとのことで、私の遊びにつきあってくれてる。

で、今回、マスクのバカバカしさについてアップしてみた。おばかチックに手作りマスクの作り方をアップしてね。

https://www.youtube.com/watch?v=ORq0-S5Q3lQ

でもねぇ、ほんとみんな騙されてるよ。コロナ妄想に取り憑かれてる。いわゆる専門家もマスコミも政治家も・・・そしてほとんどの国民も。

私はコロナ騒動が言われ始めた頃から、そのバカバカしさを主張して来たし、ほんとの恐怖はコロナではなくて、コロナで恐怖を煽る闇の存在やら、恐怖を煽られた人たちがどんなことをやるか・・そちらの怖さを書いて来た。

ネットではいろいろ、意見があるけれど、残念ながら根拠やらエビデンスとしては乏しくて、私もあまり確信を持って書けないのが残念。

けれど、そんな、私の言うコロナ騒動のバカバカしさについて、やっと現場の臨床医の勇気ある発言が、その正当性を証言してくれた。おバカなジジイの戯れ言ではなく、それなりの知識もあり直感もある私の発言なんだけど、権威をかぶせたくないし、だれにもわかる言葉で語ったけれど・・・その中身は下のリンク先で見てくれい。リンク先の内容はかいつまんで書くと・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その二人の医師とは、カリフォルニア州のダン・エリクソン(Dr. Dan Erickson)とアルティン・マシヒ(Dr. Artin Massihi)。ウィルス性の呼吸器感染症の臨床医として40年の経験を持つ。とのこと、彼らの主張は

●新型コロナウィルスの広がりは、予想以上に早かったが、致死率は予想以上に低かった。

●発症者の96%がリカバーしている。死亡4%はすべて合併症(肺気腫、腎炎、リウマチ、心臓病、HIVなどの免疫不全)による。(彼らのクリニックでの統計。)

●隔離というのは、症状のある人にすることであって、健康な人にすることではない。

●これほどの人権を奪うような行為をするからには、よっぽどの理由がなければならないが、今まで挙げられているのは科学的根拠のない仮説ばかりである。

●医学における決定はデータに基づいて行われるべきである。20年間、臨床にあたっていない専門家が机上の理論でああしろこうしろと言うのに従うのはどうなのか。

●経済活動をストップさせて、2年かけてすべての人がワクチンを摂取するまで待つことは非現実的。その間に生じる経済的打撃をはじめとする、家庭内暴力、自殺、強姦、児童虐待、アルコール依存症、あらゆる問題はどう処理するつもりなのか。

●何より、病院が通常業務を行える状態に戻さなくてはならない。現在、隔離されている医師や看護婦を現場に戻さなければ、病院が回らない。

●症状がない人は、引きこもらなくてよい。無自覚に人に移してしまうことを心配するなら、それはインフルエンザだって同じである。

●健康で、併存疾患もなく、免疫不全もなく、高齢でもなければ、マスクや手袋の着用も必要はない。むしろマスクや手袋によって、他の病気から守ってくれる細菌フローラ(善玉菌)が減少してしまうということだってある。

●インフルエンザと同様に扱うのが適当である。つまり症状のある人だけが自宅で安静にすればよい。

●地元の保険当局長と話したが、彼も、隔離解除宣言が出るのを待っている。なぜなら隔離解除のために必要なデータはそろっているからだ。

●まずは子供たちを学校に戻すところから始めよう。そしてカフェやレストランを再開し、様子をみながらイベントも再開していこう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://hokuonow.com/2020/04/27/corona-sweden-dr-erickson/?fbclid=IwAR26z4LFOxa2d8VV2TEhDEvqyHFUESW8jpNUOTxeY8djB9okFTVmuSI_uXY

今日は最近安くなつたイチゴとパインとぶどうでカスタードフルーツタルトを作りましたとさ・・・うまかったって・・何人か言ってくれたよ。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-料理, 日常
-

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.