カウンセリング日記

自分で作る・・楽しみも暮らしも・・

投稿日:

現代では多くの人は、楽しみは買うもの、暮らしはお金がないと成り立たない・・と考えています。けれど・・・ついぞ百年ほど前まで多くの人があまりお金に頼らないですむ生活を営んでたみたいだれどね。とくに田舎暮らしの庶民は、衣食住全てを手作りする知恵とか技術があって・・その生存スキルはものすごいものがあったし、私はそんな人たちを尊敬しています。

現代でも、たまにお金を使わないで生きてみようって人がいたり・・

私はねえ、毎日支援の仕事しているけれど、ほとんど無償ボランティア、世間並みな収入には程遠く、息子からの食費を入れても年収80万ほど。けれど、これで十分。私は車も持ってないし、酒もタバコも無縁。衣類はリサイクル品や頂き物でほとんど無料。外食もしないし、食事は毎日手作り・・。ローンもないし家賃もない。ほんとに金を使わない生活だけれど、惨めでもないし、不便でもありません。

むしろ、日々の暮らしは手作りで、自分好み。そのオリジナリティーはお金では買えない満足を与えてくれます。考えてみれば、これは暮らしだけでなく、人生そのものにも言えること。だれかに与えてもらったものでも、押し付けられたものでもなく、自分で選んで自分で作り上げたものだから、それなりに愛おしくもあり、満足もある。

そんな私だけれど、今日のお仕事はグルナイの仕込みと、カウンセリングが三件。カウンセリングはいずれも、困難の渦中にある方との、傾聴というより対話です。傾聴よりも対話を選んだのはその方達の問題がどこからきてるのか、その方達に気づいて欲しくて・・・。

多くのクライアントは問題が状況にあると考え、状況を変えようと躍起になって、疲れ果ててたり、深く傷ついていたり。私が伝えるのは、その問題があなたにとって問題なのはなぜか、どうして、いつから、どのように問題になったのか・・。

たいてい、「問題」は社会によって作られているにもかかわらず、そのことにも気づかないまま、問題を自分や相手の問題と思い込まされています。要するに洗脳です。たいていの人が簡単に洗脳されてしまうのは、暮らしや人生をお上任せにしているからと言えなくもありません。幸い私は社会に適応不全、アウトサイダーで生きてきたから、洗脳されずに済んだというわけ。おかげで手作りの人生にできたし、金に支配されずに住んでるし・・・ほんと何が幸いするやらね。

 

今日のディナーセラピーの定食

そうそう、今日は三年越しのエアプランツ、イオナンタの初開花

右は昨年咲いたチランジアの花

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記
-,

Copyright© 日本家族再生センター , 2019 AllRights Reserved.