カウンセリング日記 支援・援助論

妄想が世界を創る・・・・

投稿日:

フランクルはロゴセラピーの中で、人には存在することの価値がいくつかあって、その一つに創造する価値があると説きました。

人は単に欲求を満たすために生きているのではなく、自分の人生の意味を見出すことが人生の目的であるとし、どんな状況であれその状況の中で、自分の感情に支配されるのではなく、その状況の中で自分の存在する意味を見出せるような選択をすることが可能であり、それが苦悩から解放される方法であると。

このあたり、私が常々表現する「妄想が世界を創る」とリンクします。ありえないとか、馬鹿馬鹿しいとか、絶望的状況の中とか、およそ、常識的には考えられないことを考えうるのも人間の力であり、人は誰しもその創造する力を持ちうるのだと。

誰も考えない妄想をただの妄想に終わらせず、表現し現実化した時、新しい世界が広がります。今は当たり前の飛行機が飛ぶのも、人が月を歩いたりしたのも、誰かの妄想が始まりです。妄想が世界を創る・・・のです。

似たような言葉に、思考は現実化する、とか、引き寄せの法則とかもあります。ネガティブな妄想にとらわれると、どんどん周囲がネガティブな世界になっていくし、ポジティブな思考をしていれば、ポジティブな世界になっていきます。

今日お話しを聴かせてくれた女性、これまで、何度も恋愛関係で傷ついてきたけれど、そんな自分の感情を受け入れ、冷静に伝えることができたと報告してくださいました。今までとは違って、自ら心開くことで、相手とも深い対話ができ、大きく傷つくことなく、むしろ、暖かい思いで希望を未来に託しつつ、状況に委ねることができたと、その成長ぶりを感じさせてくださいました。

それまでは、その方、傷つきがネガティブな感情を刺激し、ネガティブな言動にとらわれて、さらに傷つきが深まるという悪循環にあったけれど、本来の優しさを取り戻せたようでとてもうれしいお話を聞かせていただきました。

その方だけではないけれど、多くの困難にある方たち、自らの認知の有り様にはなかなか思い至らず、状況にばかり意識が向く割に、冷静に俯瞰することもできず、自らの価値観で状況を読み取り、自分の物語に組み込もうとしてしまいます。相手がどんなにひどい人間か、相手にどんなに傷つけられたか・・そんな物語を膨らませ、周囲を巻き込んだり巻き込まれたり、挙句に引きはなしだの、裁判だの・・

結局、いい世界も悪い世界も・・自分の意識が世界を作ってる・・まさに世界は量子的。

そうそう、今度の日曜の東京行き・・・うっかりバスの予約を忘れてて、今日ネットでさがしてみたら・・・ななな、なんと、片道一万越え・・往復で18000円になりました。いつもの倍近い値段になりました。はぁー。まついいけど。

 

 

コンビニで、法外なチケット代払って、ため息つきつつ外に出てみると、今夜もお月さんが美しく微笑んでました。大丈夫よ・・ってね。

 

 

 

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記, 支援・援助論

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.