DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

グループワーク 支援記録

妄想を語れば・・・・・思考は現実化するしね

投稿日:

昨日は月一恒例の日本橋セッション・・・朝一のミニ講座は「ジェンダーと福祉」ということで、先日某保育専門校で講義した内容をさらにコンパクトにしておしゃべり。性・ジェンダーをめぐるあれこれについて、世間ではなかなか教えてもらえないようなことをおしゃべり。はやりのLGBTQについてもその危うさも語りました。専門家が知ったかぶりして語るのと、当事者の思いはまた違うし、マイノリティーの中でも差別や偏見があるし・・・さらに家意識や家族ファンタジーに囚われてる多くの日本人の甘さについても・・・・当事者にならないと、ほんとわからないことだらけ。

  

そんなおしゃべりの後は、ワーク「人を二種類に分けるなら」をやりました。二分類し、それをみんなとシェアする中で、自分のこだわりだとか人生観が見えてくるから不思議です。それは当たり前でも普通でもなくて、自分がそう思い込んでいるだけっていうことにも思い至ります。

 

そんなワークのあと、お昼をはさんで、お昼からは絵本「僕を探しに」の読み合わせを。「かけ」のある僕がかけを埋めるための「かけら」を探しに出かけて、いろんなかけらと出会い、体験し、やがて、あるがままの自分をうけいれつつも、かけらを探す旅を続ける・・そんな物語です。

そして、参加者にも自分を満たす、あるいは自分をよりよい自分にするために、どんなことをしたいか・・・しっかり妄想してみようというワークにしました。・・・すると・・・ほんとみなさんいろいろ妄想を語ってくださいました。それは不安妄想でも嫉妬妄想でもなく、自分がよりハッピーになるための、主体的な語りとして妄想を披露してくださいました。

そんなワークの後は、女達だけの「女ワーク」で、「私の宝物」なるワークを・・・さすがに女性の集まりだけあって、こどもたちとか、家族とか自分自身とか、信頼する人とか・・「人」を宝物と感じてる人が多かったようです。この感情は男とは少し違うのかもしれません。

ワークの後はカウンセリンクを行なって、いつもの夜バスで、京都に・・・

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-グループワーク, 支援記録
-

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.