支援・援助論 料理

共同親権・共同養育・・・道険し

投稿日:

先日の研修会では引き離し事例についても語られました。離婚、別居に絡む引き離し問題を善悪の問題として語るうちは解決策は見えてこないけれど、家族形態や家族意識の変化やそれに追いつけない法律や制度の問題として理解すると、解決策の方向性が見えてきます。

個人主義的な意識の高い欧米では、家族意識の変化、家族形態の変化、それを取り巻く法律や制度がかなりダイナミックに変化していますから、家族一人一人の人権が守られるよう社会全体が変化しています。

家族意識の変化として、男女性別役割意識がなくなり、男女ともに社会参加と家庭参加を行うようになったこと。仕事も家事育児も、男女にかかわらず行うのは当たり前です。また、終生婚から離婚再婚非婚が当たり前の家族意識にかわりました。

DVや虐待に関しても、家族ひとりひとりの人権が侵害されないよう、法律や制度が整備されてきました。さらにそのDV法、や虐待防止法が人権を侵害しないよう、面会権の保証や加害者に対する脱暴力支援が制度に組み込まれています。(もちろん完全ではありません)

法律や制度の変化は離婚に際しての共同親権・共同養育化、面会権の保証、問題家族に対する修復的支援の充実、などがあります。

このように、家族意識、家族形態、法律や制度、その運用、など、家族をめぐる様々な要素が並行して変化していくことで、時代の変化にかかわらず、一人一人の人権が守られているのでしょう。

じっさい、英国に住んでるあるクライアントは夫婦の危機があり、夫婦としては関係解消したけれど、子供の養育をめぐる問題は大きな問題が生じていません。週何日かはママと過ごし何日かはパパと過ごすという共同養育が自然になされています。

もちろん心理的な問題はあるでしょうけれど、その点で私がサポートしたけれど、法的制度的な問題は起こっていません。これは英国が共同親権であり、共同養育がごく当たり前という社会になってるからでしょう。

翻って日本では、子供は家のものとする、明治以来の家族意識、家意識が色濃く残っている世代と、その意識に基づいた単独親権の民法、面会権の無保証の状況がなんら変化していないこと、そこに、戦後の核家族化・性別役割を是とする家族幻想の意識強化が重なっています。

かように引き離し問題は、この百数十年の歴史の中で醸成された様々な矛盾のうえに発生している問題で、誰かが悪いと責め立てたところで解決する問題ではありません。個々の事例に関しても、支援者はその事例の背後にある社会問題、歴史問題と心理的問題とすべてにわたって理解してなければ、適切な対応は難しい、と私は理解しています。

この引き離し問題に関して、離婚の増加、面会交流調停の激増の現実を前にさすがに国も、それを放置しづらくなったのか、共同親権化をほのめかすようになりました。

けれど、離婚ビジネス化した被害者支援やら、トラウマティックな思いを抱えているシングルママ支援の方たちは、民間団体の提示する共同親権化への法律案に対して、DV・虐待を持ち出して激しく抵抗しています。

ここで、妥協案として法律案にDV・虐待の場合は面会を拒めるという文言が盛り込まれたと聞きますが、これはかなりやばいことで、DVや虐待について、日本ではその法律も運用もかなり恣意的、公正中立とは言いがたく、激しい人権侵害が起こっています。この状況のまま法律にその文言が盛り込まれたら、同居親の恣意的な判断で、面会を拒む法的な根拠ができてしまうということになります。

また、共同親権化なり面会の強制にしても、離婚ビジネスや面会交流ビジネスが太るだけで、当事者なかでも子供は両親の葛藤に巻き込まれて、とても辛い状況に据え置かれてしまいかねません。実際DV法や虐待法が出来たけれど、DVも虐待もそれで大きく減少したわけでもないし、当事者はちっとも楽になってないという現実があります。この二の舞になるだろうと危惧する私です。

DVや、虐待に関して、分離罰則強化の法制度ではなく、家族問題に対する修復的支援が作られ制度化されること、劣悪な労働環境をまともな労働環境に変えること、離婚後の養育権、面会権の保証と加害者に対する脱暴力支援が並行して行われること、など、幅広い社会的な変化を伴わなければ、民法の小手先の変更では、問題は解決しないばかりか、問題が構造化、利権化されるだけに終わってしまいかねません。

とかなんとか・・この問題に関して絶望的に理解していますが、本音のところでは、日本はもう終わってる・・と国のことは、すべて諦め気分な私。

安倍の暴走が止まらないうちは、どんどん負の遺産が積み上がってきて、親権や面会の話どころではなくなるのかも。命取られちゃうとはそーゆーことだもんね。やれやれ・・・まっいいけれど。法律や制度がどうあれ、その中で幸せになることも不可能ではないと考える私、こんな私の支援はどんな状況の方にもある程度は有効に作用すると思うけれど・・・つながってくれないことには、私もどうにもできないしねえ。

ああっ、今日は愚痴っぽくなってしまいました。今日は一日、シェルターのご飯作り以外、仕事も入ってなくて、なにしよっかな。とりあえず、デスクワークやらお掃除やらするとしますか。

昨夜のシェルター晩御飯、久しぶりに焼きサバ定食、鶏蒸し焼き付き

 

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-支援・援助論, 料理
-, , , , , , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.