グループワーク 支援・援助論

刑罰は何のため?・・・

投稿日:

日本では、ここ十年ほど厳罰化が進んで、修復的司法に変わりそうにはありません。DV法も然り、虐待に関しても厳罰化が進んでいます。

実際、被害者支援の人たちはDVは治らないから、被害者を保護して加害者を処罰すればいいんだと、言います。まあ、それは処罰感情とか報復感情を満たすとか、被害者支援の利権を維持するには、都合いい言葉です。

けれど、その考えでDVや虐待などの暴力を防げるのか、被害者の発生を抑制できるのか、答えは簡単、ノーです。処罰しても、暴力の発生する原因がある限り暴力は発生するし、あらたな被害者は生まれ支援の利権は維持されます。

これじゃあ意味ないよねえ・・・で私が支援としてやってるのが、修復的な支援です。どちらが悪いか・・・ではなくて問題は何なのか・・問題を取り除くという発想です。これで多くの被害者、加害者が問題解決しています。けれど、いまの社会に修復的な思想はありませんから、私の言ってることがなかなか通じません。

けれどねえ、世界では、私の考えで動いてる国もあるんだってさ。私に言わせれば当たり前のことなんだけれどねぇ。

http://karapaia.com/archives/52267745.html

処罰や、教育ではなく対話による気づきや受容体験こそが、非暴力化への現実的な対応です。

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-グループワーク, 支援・援助論
-, , , ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.