支援・援助論

深い学び・・・メンズカウンセリング認証研修会

投稿日:

今日の認証研修会、参加者は少なく、その分濃い学びに・・・この研修会は、事例を通じた援助実践について学ぶのが目的だけれど、会員が援助の中で悩んだり、困難に陥ることのないよう、会員の相互支援の意味も含まれます。

今日の学びは、世間ではありえないレアケースと言われるような援助実践・回復事例を幾つか学びの素材にしましたが、参加会員自身がすでに世間ではなかなかありえない人生のプロセスを持っておられて、常識や一般論を超えた回復者だったり、生活者だったり。もちろん私も然り。

こんな私たちにとって、援助もまた常識や世間体に縛られないものになっています。一般論、常識の枠の中で援助すれば、私たちの世間体は保てますが、世間の常識に傷ついている当事者にとっては二次被害になったり、有効性の低い援助になってしまいます。

援助者自身の安全や世間体よりも当事者の回復や安全を優先することで、当事者は二次被害を受けることなく、回復がより確かなものになります。が、そのことが何より援助者の安全を確かなものにする・・・なんとパラドキシカルなんでしょう。メンズカウンセリングの量子性です。

加害被害、男女、犯罪、不道徳・・などなどの世間の様々なとらわれから解放された援助が、劇的な回復を可能にするけれど、逆に言えば常識の枠の中での援助には限界があるということ。そして残念ながらそんな援助が世間では当たり前で、メンズカウンセリングはありえない援助に見えるのかもしれません。

そんなこんなでランチを含めて五時間ほどの深〜い学びになりました。

ランチはカレー、デザートはチーズケーキ。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-支援・援助論
-, ,

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.