カウンセリング日記

日本の米は大丈夫?・・・うまいか加州米

投稿日:

今日もバタバタしてました。バタバタと言っても半分は趣味かな。朝はいつもの安物スーパーで買い物したけれど、なんとお米コーナーにアメリカのお米、いわゆる加州米でも日本人好みのカリフォルニア・ローズ(たぶん)が置かれていました。

10キロ2000円だから一番安い国産米の2500円と比べてもかなりの割安。しかも、米粒の質はかなりよさそう。

昨今はアメリカの農業技術も向上してるから、国産米に負けないお米ができています。値段だけで勝負したら、生産規模が違うし、国産米は太刀打ちできません。

それでなくても、日本は食料自給率が低く先進国としては最低です。なのに政府は国民の安全保障よりも、企業の利益を優先して農業保護には無関心。

企業活動で儲けてその金で食料を買えばいいという単純な発想でしょう。けれど、世界経済が崩壊した時に金は紙切れ、紙切れで食料は買えません。国民はその時どうするんでしょね・・。

どこの先進国もそんな時のために食料自給率を上げるよう努力しています。カロリーベースでいうと、日本は70年が60%で2005年が40%。アメリカは同112から123 にイギリスは46から69 フランスは104から129 ドイツは68から85。 下がってるイタリアでも79から70 と自給率が40%なんていう国はありません。ああっこわっ。

まあ、いいけど。私は米がなくても・・肉がなくても・・生きることに困りはしないし・・プラーナだけで生きていけそうだしね。とりあえず、加州米を炊いてみます。

 

 

事務所のジャスミンが咲き始めました。このジャスミンは昨年も来談室でいい香りを楽しませてくれました。花の後もぐんぐん育って来談室には収まらなくなったので、玄関前のスペースに移しました。これからしばらく事務所前を歩く人たちを楽しませてくれるでしょう。

 

 

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.