カウンセリング日記

一人じゃ生きてらんねぇしぃー・・・ パッセンジャー

投稿日:

今夜のシネマはパッセンジャー。人類が彼方の星に移住するための宇宙船の物語。テーマは孤独と愛。

孤独と宇宙と言うテーマでは、火星にひとり取り残された科学者の物語の「オデッセイ」もあったけれど、あれはリアルタイムに他者と繋がる希望がありました。パッセンジャーは冬眠宇宙飛行なので、時間軸でも他者と繋がることはできません。その絶対的孤独が人にどんな影響を与えるか・・そのあたりの心理描写が単なるSFにはない面白さを与えています。

絶対的孤独・・・私は「パッセンジャー」の主人公のような現実的な孤独では無いけれど、昔々、実存不安に苛まれてた頃、誰ともつながれてない恐怖、離人感に襲われることもしばしばでした。その離人感は持続的なものでは無く発作的なものだったし、アルコールで麻痺させてしまえばその不安からも解放されました。けれど、その孤独感からくる恐怖はかなりのもので、イメージとしては命綱がきれて、生命維持装置で生きながらえつつも宇宙をただ一人永遠にさまよう、そんなイメージです。

そんな私が、今は大きな子宮(宇宙)でまどろんでいるというイメージ。孤独は感じません。大いなるものとつながっているという安心感でしょうか。

存在する場所は同じなのに、つながっている安心感があるのと無いのとでは、心の状態は全く違います。私はそのどちらも知ってるから、孤独の不安に苛まれる者の辛さもわかりますし、その不安から解放されるには、あるがままを受け入れ裏切ることの無い他者と繋がることの大切さもわかります。

そんな安心感を感じて欲しくて、今日もお話を聞かせていただきました。少しずつ、つながれている実感を感じてくださってるのかな。大丈夫、一人じゃ無いから。

 

今日のランチセラピーは豆腐のメンチカツとベーコンアサリのパスタでした。

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記
-

Copyright© 日本家族再生センター , 2018 AllRights Reserved.