未分類

トイレを汚す男たち 

投稿日:

私が利用させていただいてる会場のトイレには、ゆっくり座って用を足してくださいとの交通標識のようなロゴが貼られています。早い話、立ちション禁止です。こんなロゴは見たことないので新鮮って言えば新鮮だけれど、貼り付けた方の思いを巡らせてみました。

きっと、立ちションする人(全員男性と思うけれど)はちんこの長さやら向きやらがかならずしもストライクゾーンを狙うには不十分ということもあるだろうし、飛び跳ね汚れもあるのかもしれません。それでトイレが汚くなる、臭くなるのが目に余っての張り紙でしょうか。

私がいろんな女性とお話ししててしばしばお聞きするのがトイレの話。夫がトイレを汚しっぱなしにして平気とか、会社の男子トイレの汚れ方がひどいとか・・

グルナイでも以前、ほぼ現場を押さえられた酔っ払い男性が先輩女性の糾弾を受け、しぶしぶ掃除に行ってたみたいですが(笑)その方、酔の冷めた朝には、また同じことしてたとのオチもあります。

彼に限らず、愛すべき男たちなのだけれど、どうして自分の汚したトイレを自分で掃除できないのか・・・ーんそういえば、男だけではなくて、高齢女性や幼児も掃除ができないって話は聞きますねえ。

以前鉄道会社のクリーンスタッフをしてた女性の面白い話も聞いてたし・その方の話では、駅のトイレは女性トイレも十分に汚いと・・・どうしたらこんな汚れ方になるのか・・との面白おかしい話満載でした。

トイレを汚す人たちの共通点はどこなんでしょう。高齢者や幼児は機能的身体的に掃除することが難しい、ということはわかるけれど、成人男性・女性が掃除できないのはどうしてでしょう。

ここからは私の仮説ですが、トイレが自分の生活領域であり自分で綺麗にするのは自分の責任と考えているか、トイレは自分の責任の範囲ではない、自分で汚すのは自分の勝手だけれど掃除は誰かがするだろうという、無意識の判断です。

タバコの吸い殻やゴミクズをホームや公道、車外に平気で捨てる人たちの感覚に近いのかもしれません。もちろん悪意はないでしょう。

ちんこの長さやその日の向きはどうにも致し方ないけれど、気にしてれば、一歩前進するなり座るなりできるし、溢れて汚したら自分で拭き取って後の人が気持ち良く使うという配慮もできて当たりまえ。なんだけれど、その当たり前が当たり前ではないのが、多くの男たちや駅のトイレを使う人たちの感覚なのかもしれません。

ちなみに私は、自宅でも事務所でも、自分で汚したものは自分で綺麗にするし、トイレを綺麗にすることは違和感はありません。むしろ汚したまま出ることの方が違和感を感じてしまいます。私はときどき事務所の掃除をしてますが、掃除はトイレも含めて拭き掃除するので、違和感を感じません。

せめて私に関わる男たち、自分で汚したトイレを自分でさりげなく綺麗にできる清掃スキルが身につけばさらにいい男になれるのにね・・・

ブログランキング参加してます。読んで良かったら、ぽちっしてね〜♫

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-未分類

Copyright© 日本家族再生センター , 2017 AllRights Reserved.