DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

「 支援 」 一覧

ハードワークの池袋セッション

昨日は池袋でのフルセッション・・・朝一のおしゃべりは加害被害と傷つきの関係を深掘りするお話し。とかく人間関係を加害・被害の文脈に当てはめて、加害者悪人被害者かわいそう、というイメージで語られる昨今。 ...

食って飲んで語って・・・対人スキルアップ 実習の場

昨夜は月一恒例のグルメナイト・・参加者はグループワークやカウンセリングである程度力をつけた当事者たち。家族問題渦中の当事者や、未回復の当事者、当方の支援を受けてない一般の方などは参加お断りのクローズド ...

頻尿じーさん夜バスに耐えれるか・・・

今日は名古屋ワーク・・朝イチの電車で2回ほど乗り換えて名古屋にくるけれど、乗り換え時間は数分なのに、そのたんびにトイレに行かねばならないそのきわどさ。トイレにも列があったりすると、ハラハラで放尿します ...

加害・被害と傷つきの問題・・・ちゃんと研究してほしいね研究者のみなさん

昨日の女ワークオンラインとリアル参加合わせて七人だったけれど、テーマは「加害・被害・・・傷つきの間で」というところ。今日の男ワークも十人ほどの参加で、同じワークを。 加害被害の関係は個別なものでミクロ ...

共同親権・・・とりあえず法律化しそうだけれど・・・

今日の朝刊に、共同親権法案が通過してほぼ、立法化するらしい。今まで共同親権を求めてきた人、団体にはとりあえずご苦労様でしたと、労いの言葉をお伝えしたいし、この法律がこれから離婚後の共同親権としてうまく ...

ちょーちょーハードワーク終了

この土日と・・ちょーちょーハードワークでしたが無事終了。土曜は朝イチの電車で三時間ほどで名古屋まで行って、お昼からはリアル参加オンライン参加合わせて四人の参加者で家族に関するセッションを・・・。これは ...

危険なメソッド・・・メンズカウンセリング・・

昔々、キーラ・ナイトレイがSMマゾ女を演ずる「危険なメソッド」なる映画が印象的だったのを覚えてます。何が危険かって・・心病んだ女をフロイトに任されたユングはその女を囲って自分の愛人にしてSMに耽ってた ...

ひさびさにメディア登場・・・日刊SPA

三年ほど前だったか、AbemaTVと羽鳥真一モーニングショーに出演して以降、一年ほど前にNHKには一日かけて、こちらの当事者五名ほどにも協力をお願いして取材録画したのに、一切番組には登場することもなく ...

「メンズカウンセラー」に要注意・・・メンズカウンセリング協会の認証

私の行うセラピーはユングやフロイト、ロジャーズや認知行動療法やナラティブ(社会構成主義心理療法)の先を行く世界で最先端、世界で唯一の「メンズカウンセリング」です。 これはフェミニストの言うように、個々 ...

ワークは楽し・・・人は言語で世界を・・自己概念を創る

水曜・木曜・金曜とワーク三昧でした。メインテーマ「情動とセラピー」でした。脱暴力プログラムやら、その他もろもろのセラピーを行うときに、知識・意識領域に働きかけるだけでは、有効性はあまり期待できない・・ ...

ポルターガイストも羨むのか・・・不思議なホームパーティー

昨夜は、倉敷から私の姪たちがやってくるとかで、ほとんど私の家族を呼ぶことのないセンターに連れ合いと息子にも来てもらうことにしました。私の癌のお見舞いという体だけれどね。 で、センターにはシェルター利用 ...

みんなの実家・・・家族機能と支援・・

家族で傷ついた心は家族で癒やされるのが一番だけれど、家族にその機能がなかったり、そもそも家族が崩壊してしまってたり・・・そんな人たちも癒され回復していってほしい・・そんな思いで支援に家族機能を付与する ...

学びは深く濃く・・当事者相互の語りから 元旦研修は唯一の学びの場

このお正月・・元旦二日と、家族再生センター恒例の元旦研修でした。私の体調のこととか諸事情で前回から転生庵ではなく、家族再生センターでの開催としています。 今年も十名の参加となり、この人数で、研修、食事 ...

深い学びの認証研修会・・

この日曜は三ヶ月に一度の認証研修会・・いわゆる事例学習会。実際の援助事例を出し合って、参加者が、自身の支援について、その有効性だの困難さだのを再検討したり、さまざまな視点でその事例について学び合うって ...

コーヒー断食18日目・・・順調な減量だけれど

今日でコーヒー断食18日目・・・断食始めてから6キロほど減量したけれど、まあ、減量はおまけで、本来の目的はがん細胞の抑制・・・なんだけれど、これができてるかどうかは次回の血液検査を見てみないとわからな ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2024 AllRights Reserved.