「 支援 」 一覧

ハードワークも無事終了・・・

先週金曜のグルナイあけの土曜は後片付けやらカウンセリングやら済ませて、シェルターの晩御飯を作ったあと、夜バスに。 夜バスは未明の新宿に到着・・そこからテクテク代々木オリセンまでテクシー。 日曜は代々木 ...

女性に対する暴力の防止・・・・・で、いいの?

昨夜は大阪はドーンセンターで、女と男のワークでした。久々の参加の女性やスカイプ参加の方を含め、十名程の集まりになりました。 ドーンセンターはパープルリボンキャンペーン? で、あちこちでバープルカラーの ...

濃くて楽しい11時間でした、第十四回日本男性会議

先日の日本男性会議・・・深尾葉子さんの基調講演からスタートし、彼女を交えたパネルトーク、女性当事者三名のパネルトーク、分科会、その後の交流会とセッションが続きました。その時間11時間・・・   当事者 ...

野菜販売・・・しましたよ。趣味の世界です。

今日は朝から、昨日収穫した野菜のお掃除やら袋詰めやら・・・とは言っても全部売れても、2500円程度のものだけれど。大の男が二人掛かりで、2500円の野菜を嬉々として売る姿なんて・・・我ながら、可笑しく ...

人生何が起こるかわからない・・・助け合える人間関係を

昨日はボラスタッフの引越しのお手伝い・・でした。お手伝いしたのは私の他にもボラスタッフが二名ほど・・。もちろん引越し業者も使ってのお引越しです。 昔から言うけれど、遠くの親戚より近くの他人です。特に昨 ...

メンズカウンセリング協会・・・総会でした!!

昨日はメンズカウンセリング協会の総会でした。協会といっても会員数二十数名の任意団体で、吹けば飛ぶようなものだけれど・・・発足からは十数年経ってるし、年四回の講座や年一回の男性会議も途切れることなく開催 ...

地方のDV当事者の皆様へ・・・お泊まりワークショップのご案内

DVやモラハラで、傷つけたり傷つけられたり・・・・このご時世どこの家庭に起こってもおかしくありません。そんなとき、とかく誰が悪いかどれほどひどいか、など、どちらか当事者のせいにされて、一方が加害者他方 ...

no image

お知らせ・・・第十四回日本男性会議

2020/10/07   -お知らせ
 ,

第十四回日本男性会議     だいじょーぶか!! 男たち      ー 未婚・結婚・離婚 = 男の悲劇 ? ー 離婚率も増え、非婚の人たちも増えてきました。離婚を巡って、子供の奪い合いや、一方的な引き ...

no image

お知らせ・・・第十四回日本男性会議

  第十四回日本男性会議     だいじょーぶか!! 男たち      ー 未婚・結婚・離婚 = 男の悲劇 ? ー 離婚率も増え、非婚の人たちも増えてきました。離婚を巡って、子供の奪い合いや、一方的な ...

暮らしのゆとり・・・自分で創ろ・・・

2020/10/03   -料理, 日常
 

私の仕事? は稼ぎとしてはほとんどボランティアレベル。時給にすれば数百円。労働密度としては高くないけれど、いつもスタンバイしてて、オンオフが曖昧です。遊びのような仕事ような状況が日常です。世間でいう仕 ...

共同親権法制化・・・あんまり関わってこなかったわけ・・

日本では単独親権制度やら司法判断によって、著しい人権侵害が起こっていることに対して、欧米はかなり以前から、日本政府を批判してきました。国内のマスコミは一切報じないけれど。 しかしながら、外圧やら、国内 ...

自己肯定感・・・愛されないとねぇ

植物だろうが動物だろうが人だろうが、命あるものは、産まれ、育ち、死ぬ・・のが必定。どのように育ち、どのように死ぬのか、人それぞれ。 最近は、某芸能人の自殺が話題になってるけれど、芸能人よりはるかに多く ...

自分を知る、受け入れる、語る・・・信頼関係の基本

昨日は月一恒例の代々木セッション。朝一のミニ講座は「家族機能とセラピー」とのテーマで話しました。 夜バスは早朝の新宿に到着 私が日本初の男性運動を仲間たちと始めた三十年前に遡って、男性運動が男性支援に ...

家族での傷つきをどう癒す・・・セラピーに家族機能を・・

今日は三ヶ月に一度の事例検討会・・・スカ参加も合わせて、十名の集まりとなりました。それぞれの近況報告の後は事例を出し合いながら、対話を進めていくのですが、いつもながらにDVやモラハラの夫婦関係で悩むケ ...

治療でも教育でも更生でも指導でもない・・・・とも育ちのメンズカウンセリング

世間にある加害者向けの脱暴力プログラムは、すべからく権力構造を内包しています。またそれは加害者プログラムだけではなく、全てのセラピーも同様です。治療する者される者、聞いてやる人聞いてもらう人、指導する ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2020 AllRights Reserved.