DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

「グループワーク」 一覧

自分を語る・・・自分を知る・・・・言葉の力

昨日は日本橋でのフルセッション。朝一のミニ講座はメディアリテラシーについてのお話し。続いてのワークは、メディアリテラシーについて深掘りするためのワーク「あなたのニュースソースはどこから?」というワーク ...

忙しくて・・・更新できてません・・

前回は反コロナ・反ワクチンデモの報告をしていらい、あれこれ日々多忙で、なかなかブログ更新もままならずにいました。 もちろん元気にしてましたよ。シェルターの方や家人のための料理は毎日欠かせないし、溜め込 ...

世界は思考の投影・・・幸せも不幸せも・・・あなた次第。

私の支援は、状況を変えることではなく、当事者が自分と向き合い、自分を癒し成長することで、当事者自身も幸せになり、状況も好転していくと言う、そんな支援です。問題の起きた当事者にしてみれば、問題は相手だっ ...

ワクチンでの分断と対立は・・・支配者の常套手段

今、ワクチンを打つか、打たないかで、対立と分断が進んでいます。ワクチン拒否する人が職場で孤立したり、ワクチン接種した人が家族から疎外されたり・・・ この現象、少数の権力者が多数の諸民を支配するために諸 ...

怒ろう・・・・感情の抑圧ではなく・・・

昨夜の男ワークでも一昨日の女ワークでも、お題はパットパルマーの絵本「怒ろう」の読み合わせ・・・ほとんどの人は、怒りは暴力の原因だから怒らないようにしなくては・・・と考えます。加害者と言われる人たちも、 ...

寂しさの病・・・・心満たされず育つ子供たち・・・日本橋セッション

昨日は日本橋セッションでした。朝一のミニ講座は「薬物依存に関する研究」の紹介です。薬物依存に関するラットの実験で、ラットは薬物依存になってしまうという常識に対して、豊かな環境にあるラットは薬物依存にな ...

本音語ればなぜか楽しぃ・・・朝まで生トークのグルメナイト

昨夜もグルナイでした。参加者は若干少なくて大人八名、子供二人・・。メニューはいつもながらに50品近くでスタンバイ。 私はほとんど、料理作って片付けての繰り返しで、ほとんど会話に入ることはありません。が ...

体験の共有・・・共犯者の視点・・・

昨日、一昨日と、お盆であったり、雨だったりで、ワーク参加者の数も少なくて、特に昨夜は、実質参加者二人と私の三人の対話となりました。お題は「一番古い記憶」。自分の最も古い記憶、すなわち幼少の頃の体験で深 ...

善悪ではなく「自分」を語り自分を知ること・・・成長と回復の条件

昨夜の女と男のグループワーク、大阪のドーンセンターでの開催が不可となり、急遽再生センターでの開催となりました。女性二名、男性六名の参加で、お題は絵本の読み合わせ・・・・ いずれも原田宗典の「醜い花」と ...

愛は癒し・・・なんだけど・・・現場は難しい

今日は女ワークでした。リアル参加五名・ネット参加六名・・けっこう賑やかに。お題は「マイ・レビュー」でした。映画、小説、音楽、絵画・・どんなものでもオーケー、表現者の表現に対して、論評し、それをみんなと ...

自己覚知・・・自己信頼・・・メディアに騙されないようにね

この前の日曜は日本橋でセッション。朝一の講座はリスクマネジメント・・・厚労省や製薬会社は、ワクチンの事故が起こった時に損害を被らなくて済むよう、綿密にリスクマネジメントしています。そうです、責任回避の ...

あれやこれやと忙しい・・・世界も私も

先日一日は名古屋での反コロナシンポにオンライン参加。ドイツ在住のめいこさんが来日して、徳さんと登壇。めいこさんは現在EU諸国で15000人ほどがワクチン接種後に死亡しているとのこと。さらに、コロナ感染 ...

反コロナ・反ワクチンの動き・・・

イギリスでは半月ほど前に100万人の反コロナデモが起きたし、世界中で反コロナの動きはあるけれど、日本では、なかなか反コロナ・反ワクチンの動きは大きくなりません。 https://www.youtube ...

不思議なこと、理不尽なこと・・・量子的思考ですっきり!!

今日は朝から日本橋でセッション。ミニ講座は量子論と自己概念・・のようなテーマでおしゃべりしました。   東京駅から日本橋の会場までテクテクの途中で見つけた、満開のアジサイと柏葉アジサイと。 私たちはそ ...

自分を知る、自分を生きる・・・問題解決、幸せへの近道

水曜、木曜、金曜・・とワークが続いたけれど、女ワークはリアル参加、ネット参加合わせて十名ほどだったけれど、男ワークは三名の参加でこじんまりと、金曜今夜のワークは、リアル参加、ネット参加合わせて六名・・ ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.