DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

カウンセリング日記 支援・援助論 日常

法的・医学的根拠なきマスクを強制するのは人権侵害なんですけど。

投稿日:

アットライナーお前もか・・と言わなくて済んでよかったね、アットライナーさん。前回、アットライナーは、かなりしつこく私にマスクを強要してきましたが、もちろん私は今回もノーマスクで搭乗手続きをしましたが、今回はノーマスクの私が咎められることはありませんでした。もし、ノーマスクを咎められたら、厚労省の通達を見せて、マスク強要はダメだよと説得するつもりでした。あっ夜バスの話ね。

22.10.19厚労省マスク強制

私は今回のコロナ騒動・・・ウイルス、PCR 、マスク、ワクチン、などなど、一連の世界的な動きについて、これが自然に発生して医学的根拠に基づいた対応がなされているとは到底思えず、当初からその旨発信をしてきました。

どう見ても、政治的意図があり、それは人々の人権や平和、安全を維持するという思考からは真逆の意図としか思えない危うさを感じていました。また多くの研究者がその研究で、その危うい真実を語ってきましたし、様々な学者専門家がその闇を暴く論考を発表しています。けれど、メディア・・特に日本のメディアはそうした真実を一切報道することなく、製薬会社、政府、に都合良い偏った情報を垂れ流してきました。その象徴がワクチン・マスクと言えなくもありません。そのおかしさに気づいてきた世界の人たちはもうみんなノーマスク。

https://www.youtube.com/watch?v=lSnxFtwF8ow

もう、日本だけなんよね・・みんながマスクして歩いてるなんて国。それにね、ただ、みんながしているってだけではなくて、マスクしてない人に対して、強圧的な言質で強制し、お願いといいつつ、従わないと、ペナルティーを与えたり、入場を拒否する公共機関、などなど、こんな風潮は多様な個人の価値観や自由を認めない全体主義社会と言っても構わないでしょう。

おかしいと感じつつも、異議申し立てしないで全体に従うことで自分の身の安全を図る人が多数になった社会は全体主義として、いずれ権力の暴力が罷り通る社会になってしまいます。いや、もう日本はすでにそんな社会になってしまっているのかもしれません。翻って私は一人一人の幸せや自由を願って、非力だけれど、非力なりにブレることなくセラピーや活動を続けてきました。

こんな私・・確かにバス如きで、とやかく言い立てるより、そのドライバーがチェックする時だけマスクして、搭乗したら外せばいいという考えがわからないでもありません。けれど、私は私の主張と行動とを不一致にさせたくないし、私の言葉を行動で証明すると言う意味において、なあなあ的な態度は取りたくありません。ですから、誰がなんと言っても、マスクの着用はことわってきました。ただし、病院においてだけは、様々な病気を持っている人がいるという前提で、不要に不安を煽りたくないという意味において、マスク着用を受け入れてきました。

けれどねぇ、公共交通機関においてはねえ、法的・医学的根拠もないのに、同調圧力に従うつもりはありません。これまでも、そしてこれからも・・ささやかだけれど全体主義に対するレジスタンスです。私の言葉に対する自負ですねぇ。

でね、最近、私が面白がってみてるユーチューバー直家GOさんが、マスクの件でJALからとんでもない扱いを受けたと憤っておられて、それも当然だと考える私、JALはCAの不適切な言動を隠蔽すべく、理不尽な対応を直家GOさんにしたことの顛末において、彼は、単に彼に対する理不尽な扱いに対する異議申し立てをするにとどまらず、JALの権力に付随した過去の凄惨なJAL123号機撃墜事件の隠蔽についても、権力の闇に光をあてるべく、その隠蔽体質を糾弾する動きを見せています。彼の奮闘に期待するだけではなく、彼が消されないよう祈ってもいます。そんな彼の動画、少しながいけれど、みてやってくれたらありがたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=WMTpILUFOXg

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記, 支援・援助論, 日常
-

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.