DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

お知らせ 日常 未分類

おいおい・・マジか!! 緊急事態延長ってかー・・マジくそだわ。

投稿日:

緊急事態宣言が延長されて・・・一瞬、5/16 の東京のセッションができなくなるって心配したけれど、条件緩和で、イベントは休業要請から時短要請に緩和されたとのこと、これで、セッションの開催そのものは多分催行できそうということで一安心。とはいえ、個人セッションの時間が少し奪われてしまいました。とりあえず、5/16 日本橋SBL2でのセッションは予定通り開催です。とはいえ、大阪の夜のワークが四月に続いて、五月も開催不可能となりました。というわけで、大阪ワークは四月同様、第二、第四金曜、19:30 から京都家族再生センターでの開催となります。

それにしてもガースーは何考えてるんでしょね・・・ネットでの情報だけれど、ガースーが記者会見でワクチンの効果について問われたのかな、その時ガースーは「人口は・・・人口は・・確かに減少している・・・」ともごもごと答えたとか。

感染者は減少していると答えて、ワクチンはもう要らないと認識されるのも困るし、ワクチンの副作用の多発について突っ込まれても困るので、当たり障りなく答えようとしたところ、いつもディープステートに説教されてる「人口削減」の言葉がうっかり「人口減少」という言葉になって、口がすべった、あるいは、確信的にうっかりのふりして語った・・のかもしれません。

よーするに、政府はグローバルエリートであるディープステートのWHOを通じた人口削減計画に、がっちり組み込まれてるってことでしょう。今の政府も役人も日米合同委員会という米軍の官僚支配の構造からは逃れられなくて、そこにディープステートの意図が日本の政治、経済、メデイアなどの支配を通じて国民に伝達されるということだわ。

で、そのディープステートのグローバル戦略に待ったをかけたトランプが、昨年の選挙で、一旦政権から退いた・・けれど実質的には、バイデンも政策を遂行する力はなくて、肝心の米軍内の駆け引きを伴いつつ、アメリカの政策が今の所、軍政になってるってところかな。トランプが今の所、空軍やら宇宙軍を支配してるから、米軍全体がデイープステートサイドに流れることはないし・・・

今回のコロナ騒動がビルゲイツを筆頭としたディープステートの人口削減計画の茶番であることはいよいよはっきりとし始めてきたけれど、トランプや米軍がどれだけディープステートを叩けるか、それはこれからの世界や日本のありように大きく影響するでしょう。とはいえ、トランプも米軍もディープステートの背後の国際金融資本と無関係に存在することはできないだろうしねえ。

結局、各国の国民がどれだけ反グローバリスムの意思を示せるか、メディア支配の構造から自由に思考できるかってところに行き着くのかもしれません。政府がぶち上げたムーンショット計画に謳われているような、脳内にチップを埋め込んでらくらく学習どころか、完全な人間のロボット、奴隷化に突き進むのか、奴隷化を免れた自由で平等、平和な社会を作るのか・・今は真剣に考えるべきところ。

なんだけれど・・・日本人は完全に洗脳されてていち早く奴隷民化しつつあります。マスク姿がそのシンボル・・・多くの人たちが奴隷民になっていくとしても、そうではないって、抵抗する人たちもまたたくさん存在するでしょう。そんな抵抗者がそれなりに力をつけ、ディープステートの目論見を崩せないまでも、彼らに支配されない価値観やその共同体は維持していきたいもの。陰謀論という言葉で思考停止するのはもうやめようね。とんでもない謀略が進行中だからね。

今日のランチは「もやしキャベツだけ」ラーメン。澱粉ゼロ。

再生センター前のジャスミンの花とネギ坊主

葉牡丹は十字花植物(アブラナ科)だったんだ。

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-お知らせ, 日常, 未分類
-

Copyright© 日本家族再生センター , 2021 AllRights Reserved.