カウンセリング日記

騙された・・・・・じゃ済まないよ、若い人たち

投稿日:

今日というよりもう昨日かな・・親子ネット関西の集まりで高槻に。この集まりには、夫婦の離婚や別居にからんで子供に会えなくなった人たちが集います。

いつも聞くほどに胸痛む状況ですが、その理不尽さはややもすると、引き離した相手の問題と認識されやすいし、確かにそういう一面もあるけれど、問題の本質はそこではありません。

その方達の苦悩の原因は、法律や制度、要するに国の仕組みにあるわけで、その国の仕組みを作ってるのは、法律であり、そり法律を作ってるのは政治家、その政治家を選んでいるのは国民です。

どうにも理不尽な親子引き離しの問題は、国民一人一人が自分たちのためにならない法律を政治家に作らせた、ということの結果と言えなくもありません。

そんなん知らんかった、誰も教えてくれなかった・・・のは事実でしょう。けれど、知ろうと思えば知ることはできる事実です。知ろうとしなかった、その責任をとてつもない理不尽な形で取らされていると言えなくもありません。

ですから、私はこれから結婚しようとする人に、結婚しなくても幸せな家族を作れるし、結婚するならよくよく相互理解しあうためにリハーサルをしときなさいよ・・と。なぜなら結婚という制度は相手に対する信認だけではなく国家の縛りをも受けるということだからねと。

結婚するということで国から得られる利益よりも、不利益の方が多いという人もたくさん出てきます。当事者になると初めてわかる厳しい現実です。ですから人権意識の高い欧米では、すでに婚外子が半数近くあるのが現実です。

気づいたら遅かった・・そういうことにはなって欲しくないのです。知ることのできるうちに事実を知り、引き返せるうちに引き返して、不幸な未来を回避する・・そういう知恵を働かせて欲しい。

それは結婚の問題だけではありません。実はあと二週間後の選挙も然り。今度の選挙、表向きは安倍自民と、小池絶望の政権を巡っての争いになるところ実は、改憲に向けての国会の再編でしょう。

小池は民進の改憲派を取り込んで、うまくいけば首相になって安倍と組んで改憲に動きます。残念ながら民進からの取り込みが不十分で、過半数を取れそうないから、安倍に恩を売って都知事のまま、安倍と手を組んで次の次の選挙で首相狙いってとこでしょう。小池はクソです。

何れにしても、安倍と小池が組めば、公明外しで改憲も狙えます。そのために秘密保護法も安保法制もゴリ押しで通してきました。もうそのままアメリカの犬です。いっそのこと、アメリカの51番目の州になった方がいいのかもしれません。毎年二万人ほどが銃で撃ち殺される国だけれど、引き離し問題や人権意識では日本よりまともです。

でもねぇ、アメリカもこんな日本、不沈空母の利用価値はあっても、州として統治するメリットはないのかも。わかんないけれど・・。

となると、将来、しらんまに暮らしや命をお国のために捧げなければならない日本になってしまうってことがありうるとしたら、それは今度の選挙も一つの重要なマイルストーンかもしれません。

今なら未来を選べます。知らんかったで済ますわけにはいかない、若い人たちの未来です。今の年寄りの残した借金、核ゴミ、老朽化するインフラ、などの後始末のために奴隷の様に働かされるのか、年寄りが年寄りの世代のまま自分たちで後始末する国にするのか・・・そんな未来の分かれ道。

そんなこんなを感じたのは、どうにも理不尽な苦しみにさいなまれる当事者の声をたくさん聞いたからかもしれません。

そんな親子ネットの集まりから帰って、またシェルターの人たちのために晩御飯作りでした。

 

今夜の定食は塩サバ揚げだし豆腐定食でした。

 

 

 

 

ブログランキング参加しました。読んで良かったら、ぽちっしてね♫
にほんブログ村 家族ブログへ

-カウンセリング日記
-

Copyright© 日本家族再生センター , 2017 AllRights Reserved.