DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

「 メンズカウンセリング 」 一覧

久々のカンファレンス・・・

昨日は三ヶ月に一度のメンズカウンセリング認証研修会、いわゆる事例検討会とかカンファレンスとかいうやつ。私は病室からのリモート参加。この研修は、グループワークや講座とは違って、一般非公開、会員のためのク ...

DVモラハラホットラインのご案内

今日は第四土曜・・メンズカウンセリング協会では、毎月第二、第四土曜18時から21時の間、「DVモラハラホットライン」を開催しています。相談料は無料、DVモラハラに限らず、人間関係や家族の問題、心の問題 ...

ホットラインのご案内

今日は第二土曜・・メンズカウンセリング協会では、毎月第二、第四土曜18時から21時の間、「DVモラハラホットライン」を開催しています。相談料は無料、DVモラハラに限らず、人間関係や家族の問題、心の問題 ...

ホットライン・・・のご案内

今日は第二土曜・・メンズカウンセリング協会では、毎月第二、第四土曜18時から21時の間、「DVモラハラホットライン」を開催しています。相談料は無料、DVモラハラに限らず、人間関係や家族の問題、心の問題 ...

やばっ、三本足に退行・・・・でもメンカン講座は無事終了

昨日の品川スクエア荏原でのメンズカウンセリング講座第二講は無事終了。だったけれど、なんと私の少しずつ回復しかけてた坐骨神経痛が、またまたぶり返してて、二本足では歩くこともできず、杖を借りてもかなりの痛 ...

明日は品川・・・メンカン講座で会いましょう

明日はメンズカウンセリング講座。メインテーマは「権力とセラピー」です。が、二ヶ月ほど前にアメリカの治療共同体「アミティー」の代表ナヤ・アービターが逝去されたことを偲び、アミティーのドキュメントビデオを ...

当事者が支援者になる・・・メンズカウンセリングでは当たり前だけれど・・

当事者が回復して、支援者になることで、クライアントに対して深く共感したり、権力を伴わない対等な支援が可能となります。けれど、世間の価値観や支援者養成のシステムでは、それはとても難しいこと、ある意味不可 ...

心の回復  難しい訳 でも大丈夫♬ メンズカウンセリングがあるし

先日も、いろいろ夫婦の困難を抱えた方のお話を聴かせていただきました。一般的には、相手が悪い、そんな相手とは別れた方がいい、あなたは悪くない、と助言を受けたり、あなたの状況は〇〇だから、この薬を飲めば治 ...

事例に学ぶ・・・メンカン認証研修会

今日は午前中からメンカン協会の「認証研修会」でした。いわゆる事例検討会という勉強会です。援助論とか、心理学とか、メンズカウンセリング理論とかを学んだメンカン協会会員が、さらに実祭の援助実践から学び合う ...

明日はメンズカウンセリング講座・・・

やー、けっこう大変でした。まともに歩けないし、若干の風邪のしんどさが残ってるのに、データ集めたり、資料作ったり。まあ、コピーは事務所のコピー機を使えるので便利っちゃあ便利だけれど、3階まで階段を上り下 ...

元旦研修・・熱く濃く且つ爽やかに・・・

大晦日の夜も雪はしんしんと降り続いてました。   夜が明けたらこんなことに・・ 元旦研修は十人ほどの集まりとなりましたが・・・メンズカウンセリングとは何か・・・定番の基本概念の説明に続いて、社会病理の ...

元旦研修・・激動の22年を乗り越えるために・・・

来年も元旦早々から、メンズカウンセリングの学びの時間を設けます。メンズカウンセリングでは、個々人の悩みは決してその個人だけの問題ではなく、家族や社会の問題とリンクしていて、それを社会病理とするなら、社 ...

加害被害の難しくビミョーな関係・・・

昨日はメンズカウンセリング協会の定例「認証研修会」いわゆる世間でいう事例検討会でした。事例はいくつか私の方から提案しましたが、いずれも、加害・被害の事例です。セクハラだったり、DV・モラハラだったり・ ...

当事者の当事者による当事者のための支援・・・メンズカウンセリング

昨日のメンズカウンセリング講座は結局九名の参加となりました。簡単に近況報告を済ませた後、私はパワポを使いながら、コロナ騒動について説明。この騒動は生物学的な問題ではなく、政治的な問題で、世界統一政府を ...

コロナ騒動に学ぶ人権・・メンズカウンセリング講座

この二年ほどの間に世界は随分変わり果ててしまいました。あれほど人権がうるさく言われてた、欧米諸国で、激しい人権侵害が政府によって進められています。 マスクをしない生徒に警察が手錠をかけて校舎から追い出 ...

Copyright© 日本家族再生センター , 2022 AllRights Reserved.